「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



猛暑の夏こそ電力会社を乗り換えて電気代節約


開始前の盛り上がりに比べ、いざ始まってみると落ち着いている感じのする
電力自由化ですが、本格的な夏を迎えて、電力需要の高まるこれからが新電力の出番。


電気代の節約を意識する猛暑の夏こそ、新電力の存在感が強まることが予想される。
電力会社を乗り換える際に第一に注意したいポイントは、まず自宅の電気代の把握です。


毎月送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」を見る。
ほとんどの家庭は従量電灯B。契約アンペア数は、世帯人数が多く使用量の多い家庭は50A、
比較的少ない家庭は40Aになっている。シミュレーションは1ヵ月分あれば事足ります。


東京電力管内なら「でんき家計簿」、関西電力管内なら「はぴeみる電」を使えば、
年間の使用量がわかる。ともに登録は無料。申し込み後に通知される認証コードが必要で、
1週間ほどの時間がかかります。


そして、エネチェンジや価格.comなどの無料の比較サイトを使い、自宅の地域、
現在契約中のプラン、月間の電気使用量や料金データーを入力する。


セット割の内容をみることも忘れてはならない。
価格.comでは電気料金の比較だけでお得度を判定しています。
こうしたネットの比較サイトから申し込めばキャッシュバックなどの特典がつくこともあります。


電力会社の乗り換えを考えている人の目的はほとんどが電気代の節約だろう。


そのためのチェックポイントは、第一にライフスタイルの変化も考慮にいれること。
逆に値上がりすることもあるので、その点も注意を払う。さらに解約違約金の有無、
プラン変更する際の手数料の有無、紙の請求書が有料になるプランがあるので要注意。


月の電気代が5000円ぐらいの平均的な世帯では電力会社へ乗り換えても、
さほどメリットはないといわれています。


逆に月に2〜3万円以上の電気代を払っている家庭では、かなりの電気代に節約が期待できる。
30分単位で使用量を計測できるスマートメーターを使えば、まんべんなく電気を使う家庭や
夜間に多く使う家庭には大幅に安くなる新料金プランも提示されてきています。


電気使用量のそれほど多くない平均的な家庭では、携帯電話やケーブルテレビなどとの
「セット割」がおススメ。ただ、この「セット割」には携帯などと同じく「2年縛り」で
途中解約すると解約金が発生することもあります。


新電力へ乗り換える際は、スマートメーターへの切り替えが必要だが、基本無料。
新電力や既存電力会社の新プランに契約すると順次切り替え工事が行われます。
【電力自由化 メリットの最新記事】
posted by スマートメーター at | 電力自由化 メリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力管内のスマートメーターの設置状況


各地域の電力会社では、切り替え先の新電力からの連絡により、
スマートメーターの取り替えを進めています。


ただ、東京電力ではスマートメーターの調達が遅れており、
今後の設置時期も想定するのが困難としています。


そんな中、関西電力では導入完了時期を前倒しするほどの順調ぶり。

当初、平成35年度までに家庭等の低圧受電の全数となる約1300万台導入することを計画していたが、
導入完了時期を1年間前倒し、平成34年度までに全数を導入する計画に見直している。


また、工場やオフィスビル等の高圧受電の大口需要者に対しても、平成32年度までに導入完了を予定しており、平成34年度には、全国に先駆けて低圧、高圧、特別高圧の全ての需要者にスマートメーターを活用したサービスの提供が可能になるとしている。


他の電力会社のスマートメーターの設置率が軒並み20%以下に止まっている中、
関西電力管内では2015年末の時点で40%近い設置率を記録している。


関西電力ではパソコンやスマートフォンでいつでも電気代の使用量をみることのできる
「はぴeみる電」の加入件数が70万件を超しており、テレビでも盛んにCMを流している。

電力自由化による顧客離れを防ぐ構えだろう。



関西電力の電気料金プラン一覧

従量電灯A=季節や曜日、時間帯等に関わらず均一の料金設定がされている料金プラン。一年中を通して、特にまとまった曜日、時間帯等などがない平準的な電力の利用を行い、電気の使用量が少ない家庭向けのプランです。


従量電灯B=上記の従量電灯Aと同じく、均一の料金設定がされている料金プランで電気の使用量が多い家庭向け。


はぴeタイム=23時から翌朝7時までお得な夜間料金が適用されるプランです。夜型の生活の家庭や平日は家を空けることが多く、土日にテレビやDVD鑑賞をしたり、まとめて家事をする、という家庭に向いています。


時間帯別電灯=夜間から朝(23時〜翌朝7時)にかけて割安な料金単価が適用される料金プランです。仕事などから夜帰宅した後や朝早くに起きて家事をまとめて行い、日中不在が多い家庭向けのプランです。


季時別電灯PS(ピークシフト)=夜間から朝(23時〜翌朝7時)にかけて割安な料金単価が適用される料金プランです。夏のピーク時間(13時〜16時)に電気をほとんど利用しない家庭向けのプランです。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電力自由化で選べるお得な電気料金


電力自由化により選べる電力会社が増えましたが、増えすぎて選ぶのに迷いますよね。

自宅の最適な電気料金を選ぶのには、まず現在の契約内容、月々の電気料金を把握する必要があります。


まず同一所帯人数、ガス利用の有無(オール電化、電気と都市ガス、電気とLPガス)、

そして、生活の時間帯(日中の在宅状況、夜間の暮らし方など)を考慮の上、

いまの契約プラン、アンペア数を見て判断します。



本当に損をしないということは自分の合ったプランを選ぶということです。

それができるのが電力自由化、新電力です。


エリアによっては月々の電気代が相当上がっている地域もあります。

電気をつくる燃料の石油や天然ガスの価格変動が激しく、

電気の供給に必要な費用のバランスが安定していないのが、その要因です。


節電の方法はいろいろあります。

電気をつけたままにしない、電化製品をエコ製品に買い替えたり…。

でも、いざ実行しようと思っても三日坊主。

節電意識が長続きせず、電化の製品の買い替えも金銭的に簡単ではありませんよね。


だから、電力自由化を活用して、新電力で電気料金を下げるのが最も賢い節電方法といえるでしょう。

価格COMやエネチェンジなどのサイトでは簡単に電気料金のプラン検索ができます。

自宅の地域とライフスタイルにベストマッチしたプランを選べば、

間違いなく電気料金を下げることができます。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの電気代を安くする方法


エアコンの電気代は、単純計算すると平均で1時間で11円〜27円くらいだと言われています。

もちろんメーカーや部屋の大きさ、設定温度によって違ってきます。



12畳以上の大きなお部屋だと、その分、電気代は高くなり、だいたい1時間あたり30円以上になります。

かつて資源エネルギー庁が発表した日本の1世帯あたりの年間電気消費量をみると、

4,618kWhとなっています。そのうちエアコン電気代の割合は7.4%だそうです。


しかし、夏場に限れば、一般家庭の電気代の約50%がエアコンだそうです。

エアコンは設定温度によって電気代が変わります。

夏の冷房運転では1度高く設定することで、10%も電気代を節約できるといわれています。



エアコンはこまめにスイッチを入れたり切ったりするより、つけっぱなしの方が節約になります。

エアコンは起動時に冷風を作り出すためにパワー全開し、多くの電力を消費します。

体感温度が快適になったからといって、その都度電源を切ってしまうのは節電には逆効果。

お部屋が快適になったなら、電源を切らずに設定温度を上げる方が電気代の節約になります。



電気代を節約するには、フィルターの掃除も必要不可欠です。

送風口にホコリが詰まっていると運転効率がダウンします。

このホコリを取り除くだけで、効率が25%アップするといわれています。



また、エアコンは設定温度を下げるよりより風量アップする方が

電気代の節約になります。


空気を冷やすコンプレッサーは消費電力が多くかかります。

風量アップは送風ファンを回すので、この方が消費電力が少なくて済みます。



エアコンの風向きは上にして、冷気が部屋の奥まで届くようにすることをおススメします。

下向きにすると冷えるまでに時間がかかってしまいます。


猛暑を乗り切るのに必須のエアコン。

電気代が悩みの種ですが、以上の点を意識して、賢くエアコンを使いこなしましょう。
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代節約に役立つスマートメーター


毎月の電気代を節減しようと思っていても、ついうっかり見過ごしてしまいがちですよね。

最初は電気代の節約を強く意識していても、時間の経過とともに疎かになるものです。


しかし、スマートメーターを使えば、電気代節減を常に意識できるようになります。

これまではひと月ごとにに自宅に届く電気代の請求書を見ることでしか

電気代を知ることができませんでした。

「しまった!今月は電気を使い過ぎていた!」と悔やんでも、時すでに遅しでした。


しかし、スマートメーターが導入されれば、電気を使用している最中に

「使い過ぎ」かそうでないかの判断が出来るようになります。

結果的に電気の節約に繋がるのです。 



スマートメーターを設置すると、電気使用量が電力会社のホームページなどで、パソコンやスマホでいつでも確認出来るようになります。

また、家庭にエネルギーを節約するための管理システム「hems(ホーム エネルギー マネジメント システム)」が設置されていれば、

各家電製品がどれだけの電力を消費しているかといったことも把握することが可能になります。



どの時間帯に、どれだけ電気を使っているかが細かくわかれば、一目で様々な無駄が把握できるようになります。

いわいる電力の「見える化」が形成できれば節電に大きく寄与するだろうと言われています。



電力自由化に伴って、既存の電力会社も含め新電力が様々な料金プラン打ち出しています。

一般的家庭のプラン「従量電灯プラン」の場合、月の電気使用量の総量に応じて料金が決定されますが、

スマートメーターが普及すれば、さまざまな生活リズムに合わせた電気料金プランが増えるくるでしょう。


これまでも既存の大手電力会社では夜型の生活をする人向けの夜間割引プランなどがありますが、

本当にそのプランが得なのか、実際に入ってみないと分かりません。

しかしスマートメーターの30分単位のデータを活用すれば、そうしたシミュレーションが極めて高い精度で可能になります。



欧米諸国ではスマートメーターの普及が進んでいますが、日本では東日本大震災を契機に、その必要性が求められるようになりました。

スマートメーターを設置していれば、計画停電をおこなう際に「病院や信号機は除く」といったことも可能になるだけでなく、

細やかな電力制御をおこなうことで、災害時の停電を未然に防ぐことも可能になるといわれています。

さらに太陽光をはじめとする再生可能エネルギーで発電された電気を、電力網へ簡単に取り込めるようにもなります。


こと電気代節約に関して、その導入は必要不可欠といえるスマートメーター。

国は2020年代早期に、全世帯、全事業所分となる約7,800万台のスマートメーターの導入完了を目標に掲げています。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする