「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーター設置でスマートハウスが加速


スマートハウスとは、家電製品や情報をネットワークでつないでより便利な住宅環境を構築しようとする概念です。近年、進化が目覚ましいインターネットを利用した情報技術を応用し、家庭内のあらゆる家電製品をネットワークに接続して便利な住宅を作り上げるという試みです。


住宅内で使用しているエネルギー情報を「見える化」し、常に把握してくれる技術によってスマートハウスが実現。無駄な電力消費を抑えることで省エネライフをスタートすることが出来ます。


スマートハウスは、これまで制御することが難しかった家庭内での電力消費量を手軽にモニタリングできるようになります。それは、さらなる省エネ・エコ社会の推進を加速させます。


スマートメーターを設置することにより電力の「見える化」が可能となり、さらに各家電製品をネットワークに接続することによって、スマートハウスが実現できるようになります。


スマートフォンのアプリを使用することによって、室内にいる時だけでなく外出先でも家庭の電力消費量を把握して簡単にコントローできるようになります。社会インフラのIT化は節電のみならず、快適エコ生活につながります。


今後普及が進むと言われている電気自動車も、家庭のスマートハウス化と大きく関連します。
スマートハウスなら、コンセントによって充電し省エネルギーでドライブが楽しめるようになると言われています。LED照明や薄型テレビ、省エネエアコンといった家電製品と組み合わせることによって、大幅な電気代の節約につながります。


電力自由化は、スマートハウスの実現を加速させます。
新電力には、携帯電話などの通信事業者やIT企業も多数参加。
効率的な電力使用を推進するサービスを展開しています。


こうした新規参入企業が、スマートフォンやインターネット技術を新電力会社に持ち込むことで
スマートハウスが一気に広がると予想されています。
【新電力比較 見える化の最新記事】
posted by スマートメーター at | 新電力比較 見える化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンは弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!


エアコン冷房の電気代を節約するには、運転設定がポイントになります。
電気代を気にして初めから弱運転してしまっては逆効果。
余計に電気代がかかってしまいます。


エアコンは弱運転より自動設定にしていた方が電気代はかかりません。


エアコン冷房は、室内の温度を温度に下げるまでの間が最も電気を食います。
設定した温度に下がってしまった後は電気代はあまりかかりません。
そのため、短時間のうちに設定温度にしてしまったほうが電気代を安く抑えることができるのです。


エアコン冷房の自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転します。
その後は微風運転、と一番電気代が抑えられる効率が良い運転を行います。
そのため自動運転が一番電気代をかけない効率的な運転方法となります。


初めから弱運転や微弱運転をすると、室内温度が設定温度に下がるまでに長時間かかってしまいます。
その分電気代が高くついてしまうことになります。


エアコン冷房のスイッチをこまめに切り替えるのも感心しません。
逆に電気代が高くなってしまいます。


上記で述べたようにエアコン冷房は設定温度まで室温を下げるまでが最も電気代がかかるので、
こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、一度室温を下げたらそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。



夏の電気代が高くなる大きな原因は、ほとんどの家庭はエアコン冷房にかかる電気代でしょう。
エアコンの電気代を節約ことができれば、夏の電気代を節約できる可能性がありますね。


エアコンの電気代は、効率の良い運転方法を意識した上、電気料金プランによっても大きく変わってきます。
電気料金プランは、プランごと時間帯別に異なる電気の「単価」が設定されています。
家族が在宅していてエアコン冷房をいつも使っている時間帯の電気の単価が安いプランを使えば、エアコンの電気代を安くできます。


電力小売りの自由化が始まった今、自分に合った電気代の料金プランを賢く選択し、
節電・快適スマートライフを過ごしましょう♪
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代 自由化の主役は東京ガスと大阪ガス


電力自由化になった2016年4月以降、新規の顧客獲得で一歩先んじたのは「東京ガス」と「大阪ガス」の都市ガス勢。
ガスとのセット割を中心に、知名度の高さと実績を武器に着実に顧客を拡大しています。


ニュース記事によると、電力小売り自由化が開始されて一週間で東京ガスが24万件超え、
大阪ガスが11万超えの顧客を獲得。切り替え総数の66%を占めています。


東京ガスの電気は、ガス事業で培ったエネルギー供給の信頼感と、
業界トップクラスの低価格で解約金のない料金体系が好感を呼んでいるようです。


また、豊富な販売網を生かして積極的なプロモーションを展開しており、
電力自由化の主役に躍り出た形です。


大阪ガスは関西圏で「さすガっス!」のテレビCMを浸透させ、地域密着型のサービスチェーンを武器に、
積極的な営業活動を展開。顧客との友好な関係を築いている。


大阪ガスは大規模な発電所を保有しているのも強みで、電気単体での加入も可能です。
ガスと電気のセット割で最大5%の割引があり、webサービス「マイ大阪ガス」も提供。
スマートメーターで「電気の見える化」を実施。電気の使用量や料金をいつでもチェックできます。



電力会社を乗り換える際、今の電気料金と使用量を確認しておく必要があります。
毎月、送られてくる検針表をみればわかります。


新電力に限らず、電気代は使用量が多くなればなるほど料金が割安になっています。
毎月の使用量が少なかったり、日頃から節電に取り組んだりしている人は、
電力会社を乗り換えても、さほどメリットはないでしょう。


ほとんどの電力会社は、ホームページなどで料金プランを詳しく説明しています。
自由化前の料金と比較できるようにしているところもあります。


複数の会社の料金プランを比較できるサイトも多数登場しており、
そのまま、サイト上で契約することもできます。


ただ注意すべきは、比較サイトの中には料金プランの情報の更新が追いついていない場合もあります。
携帯の契約と同じ「2年縛り」があるケースもあり、違約金の有無など細かな規定も見定めておきましょう。
posted by スマートメーター at | 電気代 自由化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代の計算方法 東電アンペア制と関電の最低料金制の違い


節電するには、まず電気代の計算方法を把握することが大事です。
電気代の計算がしっかり頭に入っていると電気の使用量を意識するようになり、
無駄な電気を使わないよう意識が変わってきます。


電気料金の計算式は
基本料金+電力使用量料金+(燃料費調整額)=電気代となります。



電力使用量料金は電気の使用量に応じて課金される料金で、
燃料費調整額とは発電燃料の価格に応じて課金されるものです。


基本料金は電力会社ごとにアンペア制と、最低料金制の2つの仕組みがあります。
アンペア制を採用しているのは北海道、東北、東京、北陸、中部、九州の6社の電力会社です。


最低料金制とは、アンペア数に関係なく設定される料金で一定の電力使用量までは基本料金、
それを超えた量には従量料金が加算されるという仕組みです。
関西、中国、四国、沖縄の4社の電力会社で採用されています。


東京電力などが採用しているの契約アンペアとは、一度に使用できる最大の電力量のことです。
契約アンペアごとに料金が設定されています。ブレーカーの色も契約アンペアごとに異なります。


一度に使用する電力量の最大を計算して、今の契約量だとかなり余裕がある場合は、
契約アンペア数を下げて基本料金を節約することができます。


電力使用量料金は、文字通り電力使用量に応じて課金される料金で、
使用量が増えるごとに単価も高くなります。1kwh単位で計算されます。
1kwhとは1kw(電力)h(時間)のことで電力使用量1時間分をさします。
40kwhなら40時間分の電力量ということになります。


関西電力でも商店や事務所、飲食店、一般家庭でも電気の使用量が多い場合には
契約アンペア制である従量電灯Bを選ぶことも出来ます。
従量電灯Bを選択する場合は契約アンペア数が60A以上からとなります。


契約アンペア制は基本料金はかかりますが、電力使用量に応じた従量部分の単価は従量電灯A契約と比べて安く設定されています。
大量に電気を使う場合は従量電灯Bにしたほうが電気代が安くすむ場合があります。
関西電力の試算ではひと月の平均ご使用量が800kWhを超える場合には、電気料金が安くなることがあるようで
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代節約へスマートメーターと電力会社のwebサービスを活用


スマートメーターそれ自体で節電することはできません。
スマートメーターを設置することにより「電力の見える化」が実現。
契約内容の見直しが容易になり、節電意識も向上します。
そのことが結果的に節電につながるのというわけです。



毎月、電力会社から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」。
ほとんどの人は電気料金だけを確認し、電気の状況を把握していないのでは。



しかし、スマートメーターを導入すれば、電力会社のWEBサービス(会員登録が必要)を活用して、
自宅の電力利用状況を閲覧できるようになります。
「30分ごと」や「日ごと」など細かく電力利用状況を把握できるようになます。
それにより「基本料金は妥当か」「節電できる余地が無いか」を理解することができるのです。



スマートメーターと電力会社のwebサービスの2つを上手く利用することで、電気代の節約が実現できます。
webサービスには電気代の効果的な節約術も掲載されており、こうしたサービズもうまく活用しましょう。


現在、各地域の電力会社はスマートメーターの設置を順次進めています。
全過程への設置完了を予定は東京電力が平成32年、関西電力が平成34年。
他の地域の電力会社も平成35〜36年を目途に、全世帯への設置を完了する予定です。


現在の電力会社から新電力も含め他の電力会社へ乗り換えを検討している方は、
ネットでシミュレーションと比較をしてみましょう。簡単にできます。


どのプランにするとお得になるのか、価格.comでシミュレーションしてみましょう。


まず住んでいる都道府県を選択します。
次に郵便番号や世帯人数、月間使用量を入力。
デフォルトでは電気代ではなくワット数での計算ですが、電気代での計算もできます。

そして、検索をクリックすると、どの電力会社へ乗り換えれば、
一番安くなるか、結果が表示されます。


その結果を参考に、何にポイントを置いて比較するか、を考えるのも重要です。
金額を節約したいのか、セット割やポイント還元を重視するか…。
表示された結果から最適なプランを選ぶことになります。


何を重視するかは、人それぞれ。
どのプランを選ぶか、じっくり考えて決めましょう。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする