「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



新電気 比較 エネニューで電気料金を削減!


新電気 比較 エネニューで家庭用電気料金を比較。


電力自由化が開始された当初から比べて、比較サイトが増加してきていますね。

それだけ電力自由化に興味を持つ人が増えてきたのでしょう。


まだまだ様子見の人が多い現状ですが、

新電力も興味を引き付けるためにさらにお得感を打ち出す会社も出てきています。

新電力会社は複数あり、どこがいいのか迷いますよね。

新電力 比較 エネニュー
新電気 比較 エネニューなどと調べてみても、
調べるのが面倒ですよね。

とにかく、電気料金のシミュレーションをするうえで、

業者をひとつひとつ調べるのは大変です。

電力の契約種別で希望があったとしても、です。


実績が豊富な新電力に依頼していけれど、

これまたどうやって調べたらいいのか、わからない。

何かと厄介な新電力での電気料金プラン調べです。


要は電気料金が安くなり、いままでよりお得になればいいわけですよね。

そんな時、使えるのが新電力 一括.jp


・最大9社
・完全無料
・最短1分

で新電力の一括見積り比較ができます。

・複数業者の料金体系を1度の問合せで簡単比較
・各社の開発実績の比較検討も可能
・各社の得意ジャンルも比較可能

などの一括見積りが完全無料で比較できるので有難いです。

新電力 一括.jp
posted by スマートメーター at | 新電気 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネット 新電力 お得な料金プラン


エネットは、株式会社NTTファシリティーズ・東京ガス株式会社・大阪ガス株式会社の3社によって設立された新電力。

エネットの社名は「Energy + Network」に由来しており、ITとエネルギー技術を組み合わせ。

事業開始は2001年4月1日。新電力の中では圧倒的なシェアを誇っています。


エリアの広さも他を圧し、沖縄を除く全国をカバーしています。

家庭向けの電力自由化が解禁となってすぐは全国対応の新電力は限られてくるため、

東京や大阪などの都心部以外に住んでいて、乗り換えを検討する場合は有力候補のひとつとなっています。


エネットより安い料金プランを打ち出す新電力もありますが、

こと顧客に対する対応や知識に関しても群を抜いています。


エネットを含め新電力へ切り替えを考えている人が今後ますます増えそうですが、

すべての人が同じメリットを受けられる料金プランは存在しません。

電気の使用量が多い時間帯はその人によって変わるため、

あなたのライフスタイルに合ったプランを選ぶことが安く抑えるポイントです。


エネット 新電力は、CO2係数に関しても他社の約4分の3ほどに止まっています。

CO2排出係数は、環境に対する影響を推し測る指標の一つですが、

エネット 新電力はそれだけクリーンなエネルギーを提供しているということになります。

新電力に限った比較でもエネットのCO2係数は平均以下となっています。



エネット 新電力には顧客に対する一律の料金プランは設定していません。

各家庭の契約電圧、電気使用量、電気使用のピーク時の状況などを参考に

現在契約中の電気料金体系をもとに見積もりをしてくれます。


最短1分 無料で新電力の料金見積りをしてくれるサイトです。

新電力 一括.jp






posted by スマートメーター at | エネット 新電力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力 ランキング


新電力最大手「エネット」は、NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスの3社が共同で設立された会社。
他の新電力を引き離して供給量1位を長年保持しています。

しかし、年々そのシェア比率を落とし、2016年4月に電力自由化がスタートして以降、
シェアを大きく落としてきています。

2位以下の攻勢がすさまじく、今後ますます競争が激化する中で巻き返すのは困難な情勢です。


以下は電力の供給実績がある新電力のランキングです。

第1位:エネット

第2位:F-Power

第3位:丸紅

第4位:オリックス

第5位:JX日鉱日石エネルギー

第6位:日本ロジテック

第7位:日本テクノ

第8位:新日鉄住金エンジニアリング

第9位:サミットエナジー

第10位:ミツウロコグリーンエネルギー

※日本ロジテックは事業から撤退し供給を行っていません。
※供給実績がある事業者は136社となっています。


新電力を比較するのは正直、厄介ですね。
自宅の電気代も漠然としか解らず、
毎月送られてくる電気料金表の見方もややこしい。


そこで、新電力業者へ一括見積もりしてくれるサイトを紹介します。
登録不要、完全無料で複数の業者を徹底比較できます。
お気軽にどうぞ♪



複数の代理店を完全無料で比較できニーズに沿った代行業者がみつかります。

posted by スマートメーター at | 新電力 ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力 比較 エネニュー


新電力 サービス比較サイトは多数あります。

とくにエネニューが注目されていますが、

数が多すぎて、何を基準にしていいのか迷いますよね。


それぞれのライフスタイルによってポイントは異なります。

「昼間は仕事で留守になりがちで夜に電気をよく使う」
「逆に昼間は自宅に引きこもりがちで、夜は早く寝る」
「電気を使う量は季節によって大きく変わるから、時期別料金は設定しているのか」
「子供が夏休みのときは昼間によく電気を使う」


各所帯によって事情はさまざま。

また、ひとり暮らしの場合に最も適した電力会社は?

など、電気事情は各自違います。


そんな事情を踏まえた上で簡単に電気代の見積もりのできるサイトを見つけました。

以下は完全無料です。気楽に自宅の電気代の見積もりができます。

新電力 一括.jp
posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電力自由化 スマートメーターに関するトラブル


電力自由化が開始されましたが、一般家庭では関心度がいまひとつ。
月の電気代が5000円程度の家庭では、新電力に乗り換えてもさしてメリットのない点がその要因でしょう。


でも、新たな制度が始まっていろんなトラブルも報告されています。


電力会社のスタッフと称する人から「新しい電力会社にするためには、新しく自宅まで電線を引かなければならない」と説明があり、電線を引くための費用を請求されたというトラブルが報告されています。


電力自由化は、あくまでも「発電」部分が自由化されているだけです。
実際に電線を敷設して自宅まで電気を送り届ける「送電」部分については、
従来通りに地域の電力会社が担当しています。従って新たに電線を引く必要はありません。

地域の電力会社以外の新電力を選んだとしても、従来と同じ電線から電力の供給を受けることになります。
こうした請求にはキッパリとした態度で断りましょう。


スマートメーターは、電力自由化に必要なアイテムです。
電力会社のスタッフと名乗る人から、「電力自由化に伴って、スマートメーターを購入費用が必要です」と
言われて、その費用を請求されるトラブルも報告されています。



電力自由化で新電力を選ぶ際には、スマートメーターを設置しなければなりませんが、
スマートメーターは無料です。設置は無料で地域の電力会社が行なってくれますので、
関係者と言って費用をを求められれば、それは詐欺だと認識しましょう。


スマートメーターは地域によって設置の遅れているところもあります。
特に東京電力。同社では作業員不足がその理由としています。
「作業員が離職してしまった」「作業員が他の作業をしておりスマートメーターにまで手が回らない」
という説明がなされています。

ここで問題になるのは、従来のアナログ電力計で新プランに移行できるかどうかという点です。
しかし、時間帯や日付に関係なく料金単価を定めている料金プランであれば、アナログの電力量計でも十分に対応可能です。


ただ、これまでのアナログの電力量計では、1か月の電力使用量は分かりますが、
時間帯や日ごとの電力使用量までは分かりません。従って、時間帯や日によって電力の料金単価が変わるような契約プランでは、アナログの電力量計では対応できないので移行できないことになります。



「電力自由化で料金プランを変更しない場合でも手続きが必要ですので、手続きの代行料が必要です」と言っては、手続きのための情報や代行料を要求するトラブルも確認されています。


変更がない場合には手続きは必要ありません。電力自由化をスムーズに進めるため、2020年までは従来の料金プランも引き続き使用できるようになっています。しかもその場合も、特別な更新手続きは必要ありません。


高齢者をターゲットに「シニア向けのお得な電気料金プランがあります」と言って、
契約をさせようというトラブルが報告されています。


いくら電力自由化とはいえど、現在のところシニア専用のプランを提供している電力会社はありません。
高齢者向けの電気料金プランなどというものは事実無根です。絶対に契約しないようにしましょう。
posted by スマートメーター at | 新電力 チェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする