「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



ガス料金 比較 エネニュー 節約機器を使ってコスト削減


知っておくとメリット絶大 電力・ガス自由化の話によると、

オールガスかオール電化の二者択一ではなく、

それぞれのエネルギーの特性を生かしたベストミックスが合理的と説いています。


エネルギーコストの節約というテーマから

地球規模での人類の幸福に資するエネルギーの可能性まで思索を誘っています。

ガスを使えていない人類が世界にはまだ30億人もいるという。


この本を入門書として、ネットで各ガス会社を比較するのもいいかも知れません。



ガス料金 比較 エネニューでは、

ガス自由化によって、ガス会社ではない異業種からもガスが買えることになるという状況下では、

ガス料金以外の他の出費削減とも比較して計算することが必要になると説いています。


直接的にガス料金を今までより引き下げるか、

それとも違う何かで間接的にガス料金を引き下げることになるかが、

重要な比較検討方法であると言えるとしています。


例えばガス節約に役立つパアグ PAAG スーパー風呂バンス1000 追い焚き 湯わかしバスヒーター

お風呂に入れて湯温をキープ。電気・ガス代節約。 風呂湯保温器バスパなどの

機器を使って電気代、ガス代を関節的に節約する方法。


自由化によってガス代や電気代を直接的に安くする方法がクローズアップされがちですが、

こうした機器を使って間接的にコスト削減を図るにもいいのではないでしょうか。
posted by スマートメーター at | ガス料金比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス料金比較 エネニュー 自由化に伴う影響


2016年から始まった電力自由化に続いて、

2017年からガスの自由化も開始されます。

電力・ガス自由化の衝撃!  暮らしも価格も大きく変わる
電力・ガス自由化の衝撃! 暮らしも価格も大きく変わる


自由化の対象者は、家庭などを中心に2500万を超えると予想され、

市場規模は2.4兆円と言われています。


自由化に伴い事業再編が行われ、ガス小売り事業者と、

ガス導管事業者にわかれます。


利用者はガス小売り事業者からガスを購入することになります。

自由化が実際に行われるようになれば、

事業会社などの新規参入などにより料金も変わってくる可能性があります。



ガス自由化に伴う新規参入会社の競争は必至でしょう。

エネルギー事業は昔から競争相手として、電気とガス会社間での価格競争を展開。

今回のガス自由化に伴い、電力会社からのガス事業への参入も発表されています。

こうした自由化により、さらに競争が激化。

各社は電気とガスのセット販売で利用者を取り込もうとしています。



電気とガスを同じ会社と契約することにより、

基本料金を安く設定する事などのサービス向上が期待されます。

実際にある大手の都市ガス会社も、電力とのセット販売を打ち出しています。


さらには、石油会社などの参入により、

海外から輸入するLNGの輸入量が増加することによって

価格低下につなげていけるようになります。

ガス料金比較 エネニュー
posted by スマートメーター at | ガス料金比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする