「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーター設置でスマートハウスが加速


スマートハウスとは、家電製品や情報をネットワークでつないでより便利な住宅環境を構築しようとする概念です。近年、進化が目覚ましいインターネットを利用した情報技術を応用し、家庭内のあらゆる家電製品をネットワークに接続して便利な住宅を作り上げるという試みです。


住宅内で使用しているエネルギー情報を「見える化」し、常に把握してくれる技術によってスマートハウスが実現。無駄な電力消費を抑えることで省エネライフをスタートすることが出来ます。


スマートハウスは、これまで制御することが難しかった家庭内での電力消費量を手軽にモニタリングできるようになります。それは、さらなる省エネ・エコ社会の推進を加速させます。


スマートメーターを設置することにより電力の「見える化」が可能となり、さらに各家電製品をネットワークに接続することによって、スマートハウスが実現できるようになります。


スマートフォンのアプリを使用することによって、室内にいる時だけでなく外出先でも家庭の電力消費量を把握して簡単にコントローできるようになります。社会インフラのIT化は節電のみならず、快適エコ生活につながります。


今後普及が進むと言われている電気自動車も、家庭のスマートハウス化と大きく関連します。
スマートハウスなら、コンセントによって充電し省エネルギーでドライブが楽しめるようになると言われています。LED照明や薄型テレビ、省エネエアコンといった家電製品と組み合わせることによって、大幅な電気代の節約につながります。


電力自由化は、スマートハウスの実現を加速させます。
新電力には、携帯電話などの通信事業者やIT企業も多数参加。
効率的な電力使用を推進するサービスを展開しています。


こうした新規参入企業が、スマートフォンやインターネット技術を新電力会社に持ち込むことで
スマートハウスが一気に広がると予想されています。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 見える化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力で電気の「見える化」を実施


電気代節約を強く意識するなら電気料金の安くなる新電力へ乗り換え、

さらに電気の「見える化」を実施することです。


効果的な節電対策を実施するには、何がどれだけ電気をつかっているかを把握する必要があります。

家の中の消費電力を簡単に計測できる機器としてワットモニターがあります。


10年ほど前からワットチエッカーという製品がありましたが、1万円ほどしました。

サンワサプライのワットモニターはその半額以下で2500円から3000円ほどで販売されています。

家の中の電化製品が どれくらい電力を消費しているか、簡単にチェックできます。


このワットモニター、電源ボタンはなく、本体を計測したい機器とコンセントの間に挿すだけで消費電力
や電気料金・CO2換算を計測してくれます。計測結果は前面のLCDパネルにリアルタイム表示されます。

使い方は至ってシンプルです。


電気の「見える化」のもうひとつの方法として、電力会社のwebサービスを利用する手もあります。

その代表的なサービスは東京電力の「でんき家計簿」ではこれまでの紙の検針票がweb上で見れて、

消費電力量や電気代、過去との電気代の比較などがパソコンやスマートフォンで閲覧できます。



新電力のなかでもwebサービスを実施している会社もあります。

新電力大手「エネット」では、Web検針票で消費電力量、過去の電気代、複数カ所の電気代などを確認できます。

さらにが電気料金が確定した時点で、契約者が指定したメールアドレスやFAXへ自動送信する機能も提供しています。

このあたりは東京電力にはないサービスです。


電力自由化で新電力へ乗り換える際、第一に考えるのは電気代の削減でしょうが、

様々な会社でセット割やポイント提携など新たなサービスを展開しています。

電気にかかるコストに止まらず、新電力へ乗り換える際は、電気以外の部分を効率的に減らしたり、

買い物やレジャーに使えるポイントが貯まったりと、生活全体に関係するサービスで得することを考えるのも得策かもしれません。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 見える化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする