「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



新電力 比較 エネニューで家庭向け電力料金を節約


新電力 比較エネニューでは、数ある電気料金のプランをわかりやすく解説、比較できます。

毎月の電気料金を安くしたい、携帯料金やガス料金とあわせて節約したいなど、

各家庭の要望に合わせて、適切な電気料金プランを見つけることができます。


とはいえ、電力自由化が期待ほど盛り上がっていたいことも確か。

新電力へ乗り換えた人は少なく、電力自由化が思うほど進んでいないのが実情。


その要因としては制度を複雑で上手く理解出来ていないこと、

また、制度面の不安もその要因と言えます。

また、人によってはデメリットが発生するため加入をしないという問題点もあります。


現実問題、電力会社を切り替える際、

具体的な方法や、どこに入ればお得なのかということが

比較しずらいため、新たな契約に踏み切れないのです。


最新電力・ガス業界の動向とカラクリ


実際に乗り換えた人の場合は対面による契約説明を受けているケースが圧倒的に多い。

ネットより、分かりやすく噛み砕いて説明をしてくれる対面の方が

契約内容を把握しやすいからなのでしょう。


また、導入時に電気料金の請求が出来ないというトラブルも発生し、

制度に対する不信感があるということも否定できません。



導入直後より電気料金の支払い請求が出来ず、

その原因が大元の電気会社が電力切り替えによるシステム構築が

上手くいかず、使用した電気量を契約している子会社に

データとして渡すことが出来ないという不都合も生じています。



こうしたトラブルの発生が相次ぎ、電力自由化の波に乗ったけれども失敗をしてしまった

という声がネット上で多く見られるようになり、乗り換えを控えられてしまったといことです。

このようなトラブルが続けば、いずれこの制度は破たんするのではないか、

新電力に対する漠然とした不信感が芽生え、

契約をためらわせる要因になってしまっています。


今後、電力自由化を世間一般に根付けせるためには、

一般家庭に対しもっと多くのメリットを提示し、

契約に際しても安心・安全を明確に保証すべきでしょう。

じぶん電力
posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力 比較 エネニューは一括見積りが便利


新電力 エネニューは、電力自由化に伴う

電力会社の家庭向け電気料金が比較できるサイトです。



まずエリア検索をし、

次に参考資料として料金シミュレーションができます。

電力自由化に関しての最新情報も掲載しています。



自由化当初に比べて、

いまひとつ盛り上がりに欠けますが、

それでも東京や大阪などの大都市では

新たに電力会社を切り替えた家庭も増えてきています。


一方で、地方の方はまだ様子見の人が多いと感じます。

電気利用料金が高い方はこちら



新電力 比較 エネニューでは一括見積りが便利です。

わずか数分で複数社の料金が判明し、

おおよその相場がつかめます。


電気はそれぞれの家庭で使い方が違うので、

気になることろをシミュ―レーション診断し、

一括見積り比較をすれば、

より満足度の高い電力自由化につながりそうですね。

電気を選ぼう。最大18%お得に!?

posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力 比較 エネニュー


新電力 サービス比較サイトは多数あります。

とくにエネニューが注目されていますが、

数が多すぎて、何を基準にしていいのか迷いますよね。


それぞれのライフスタイルによってポイントは異なります。

「昼間は仕事で留守になりがちで夜に電気をよく使う」
「逆に昼間は自宅に引きこもりがちで、夜は早く寝る」
「電気を使う量は季節によって大きく変わるから、時期別料金は設定しているのか」
「子供が夏休みのときは昼間によく電気を使う」


各所帯によって事情はさまざま。

また、ひとり暮らしの場合に最も適した電力会社は?

など、電気事情は各自違います。


そんな事情を踏まえた上で簡単に電気代の見積もりのできるサイトを見つけました。

以下は完全無料です。気楽に自宅の電気代の見積もりができます。

新電力 一括.jp
posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力を選ぶ際の比較材料と料金の安さ


新電力を選ぶ際のポイントは、まず料金の安さでしょう。

電気の品質それ自体はほぼ同じだけに、新電力を評価する場合、それ以外では判断が難しいです。


それでは、新電力に乗り換えることで、どのくらい料金が安くなるのか?

電気の使用量にもよりますが、一世帯あたり月額200〜1000円(税込)くらいは安くなると言われています。


各家庭の生活スタイルによって料金メニューを選択する場合もあるでしょうが、

夜間割引のようなメニューは、その分、昼間帯の料金が跳ね上がります。

土日の昼間帯も同じく高い料金になっていたりして、休日の多い月だと逆に損をします。


ほとんどの新電力は夜間割引などのメニューはなく、24時間均一料金のメニューを提示しています。

そして、既存の大手の電力会社に対していくら安くできるかという点をアピールしています。

単純にそれらの新電力を選択すれば、その分が確実に安くなります。


環境への配慮をお考えの方は、その点を推し量る要素としてはCO2の排出係数しかありませんので、

その数値の出来るだけ小さな会社を選ぶことになります。


その他、新電力へ乗り換える際の注意点としては、入会金や工事費等があるかどうか、

契約期間に縛りがあるか、中途解約の違約金があるかどうか、などがあげられます。



エリア別一般家庭向け料金の一番安い電力会社は以下の通りです。


北海道エリア=北海道瓦斯

東北エリア=HTBエナジー

東京エリア=エルピオ

中部エリア=HTBエナジー

北陸エリア=KDDI

関西エリア=和歌山電力

中国エリア=中海テレビ放送

四国エリア=坊っちゃん電力

九州エリア=熊本電力

*契約アンペア:40A、電気使用量:300kWh/月での比較。


次に新電力の本社所在地をみると、東京都が断トツで293社。

次いで大阪府の61社、福岡県の51社が続きます。

逆に最も少ないのは福島県と京都府でともに13社。
posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする