「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力自由化とは


2016年4月からスタートした電力自由化。

新電力へ切り替えたという人をあまり聞いたことがなく、

いまひとつ盛り上がりに欠ける現状ですが、

自由化の波はいずれ大波となり、世間に浸透するのは間違いないでしょう。


電力自由化の引き金になったのは、2011年3月に発生した東日本大震災です。

地震の影響で起きた原発事故によって電気が不足し、電気料金は上がり始め、

現状の日本の電力の仕組みや制度に疑問と不安を抱く空気が国中に充満。

こうした機運の高まりが、規制改革の動きに拍車をかけたといえます。



電力自由化により開放される市場規模は7.5兆円にまで膨れ上がると推定されています。

その巨大市場をめぐって、新規参入した新電力と呼ばれる会社の数は増加の一途をたどっています。

今後は大手の携帯会社から格安SIMへ乗り換えるように、電力会社もMVNO化していくでしょう。


では、その電力自由化によって、我々にどのようなメリットがあるのでしょうか?

それは料金メニューとサービスの選択肢が増えるってことに尽きます。



電気料金は新電力のプランによって異なり、地域一律ではなくなります。

サービスの内容も発電する方法(火力・水力・原子力・地熱・風力・太陽光など)も各社各様です。


住宅メーカーが省エネ住宅と電気との組み合わせたり、通信会社が通信と電気のセットで割引販売するなど、それぞれの業種の特性を活かした従来にはなかったユニークなメニューが提供されています。


また、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーによるクリーン電気などで

「環境への優しさ」という付加価値をアピールする会社も出現しています。


こうした競争促進は「電気料金の抑制効果」と「サービスの質の向上」につながり、

消費者である我々に大きなメリットをもたらします。


価格の安さを基準にしてよく、クリーンエネルギーを決め手にしてもよく、

地産地消で地元重視のプランを立てることも可能になります。

電力自由化は、自分なりの基準で電力会社を選択することが可能になるということです。
posted by スマートメーター at | 電力自由化 経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする