「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約へスマートメーターと電力会社のwebサービスを活用


スマートメーターそれ自体で節電することはできません。
スマートメーターを設置することにより「電力の見える化」が実現。
契約内容の見直しが容易になり、節電意識も向上します。
そのことが結果的に節電につながるのというわけです。



毎月、電力会社から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」。
ほとんどの人は電気料金だけを確認し、電気の状況を把握していないのでは。



しかし、スマートメーターを導入すれば、電力会社のWEBサービス(会員登録が必要)を活用して、
自宅の電力利用状況を閲覧できるようになります。
「30分ごと」や「日ごと」など細かく電力利用状況を把握できるようになます。
それにより「基本料金は妥当か」「節電できる余地が無いか」を理解することができるのです。



スマートメーターと電力会社のwebサービスの2つを上手く利用することで、電気代の節約が実現できます。
webサービスには電気代の効果的な節約術も掲載されており、こうしたサービズもうまく活用しましょう。


現在、各地域の電力会社はスマートメーターの設置を順次進めています。
全過程への設置完了を予定は東京電力が平成32年、関西電力が平成34年。
他の地域の電力会社も平成35〜36年を目途に、全世帯への設置を完了する予定です。


現在の電力会社から新電力も含め他の電力会社へ乗り換えを検討している方は、
ネットでシミュレーションと比較をしてみましょう。簡単にできます。


どのプランにするとお得になるのか、価格.comでシミュレーションしてみましょう。


まず住んでいる都道府県を選択します。
次に郵便番号や世帯人数、月間使用量を入力。
デフォルトでは電気代ではなくワット数での計算ですが、電気代での計算もできます。

そして、検索をクリックすると、どの電力会社へ乗り換えれば、
一番安くなるか、結果が表示されます。


その結果を参考に、何にポイントを置いて比較するか、を考えるのも重要です。
金額を節約したいのか、セット割やポイント還元を重視するか…。
表示された結果から最適なプランを選ぶことになります。


何を重視するかは、人それぞれ。
どのプランを選ぶか、じっくり考えて決めましょう。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電力自由化で選べるお得な電気料金


電力自由化により選べる電力会社が増えましたが、増えすぎて選ぶのに迷いますよね。

自宅の最適な電気料金を選ぶのには、まず現在の契約内容、月々の電気料金を把握する必要があります。


まず同一所帯人数、ガス利用の有無(オール電化、電気と都市ガス、電気とLPガス)、

そして、生活の時間帯(日中の在宅状況、夜間の暮らし方など)を考慮の上、

いまの契約プラン、アンペア数を見て判断します。



本当に損をしないということは自分の合ったプランを選ぶということです。

それができるのが電力自由化、新電力です。


エリアによっては月々の電気代が相当上がっている地域もあります。

電気をつくる燃料の石油や天然ガスの価格変動が激しく、

電気の供給に必要な費用のバランスが安定していないのが、その要因です。


節電の方法はいろいろあります。

電気をつけたままにしない、電化製品をエコ製品に買い替えたり…。

でも、いざ実行しようと思っても三日坊主。

節電意識が長続きせず、電化の製品の買い替えも金銭的に簡単ではありませんよね。


だから、電力自由化を活用して、新電力で電気料金を下げるのが最も賢い節電方法といえるでしょう。

価格COMやエネチェンジなどのサイトでは簡単に電気料金のプラン検索ができます。

自宅の地域とライフスタイルにベストマッチしたプランを選べば、

間違いなく電気料金を下げることができます。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力で電気代節約


一般家庭のみならず店舗や事業所でも電気代の多くは
冷暖房費にかかっています。


冷暖房を電気でやるか、ガスや石油、それ以外のエネルギーでやるか
まちまちですが、いずれにしろ季節の電気代は違ってきます。


スマートメーターを導入すれば、家計の電気代が「冬型」か
「夏型」か、どの冷暖房機がより多く電気を食っているか、
きめ細かくわかるようになります。


現状、季節別の料金制度は増えるのでなく、消える方向ですが、
電力自由化によって将来は季節別のメニューがでてくる可能性もあります。


新電力には既存の電力会社以外の異業種の企業も多く登場し、
電気供給以外の家庭生活もサポートしてくれる会社も出てきています。


地域に営業拠点のある会社などは、その強みを生かし、
これまでにないサポート戦略を打ち出してきています。


今後は、新電力を選ぶことは「暮らしのトータルサポート」をしてくれる
会社を選ぶことにつながる、と言われています。


さらに自分の生活に合ったプランを選択することで、
より電気代を節約できる可能性があります。


ガス会社はガスと電気のセットで販売、光通信回線やケーブルテレビ、
携帯電話などと電気購買の契約を合わせた「セット割」が登場し、
選択肢が飛躍的に広がっています。


石油元売り会社では、ガソリン代が1リットルあたり最大10円安くなる、
といったサービスも話題になっています。


新電力会社は、電気を売ることで、電気以外の本業のセールス、
売り上げ増にもつなげたいわけなので、他社にない様々なサービスを考えています。


200社以上ある新電力のどこと契約するか、悩ましいところですが、
慌てて決める必要はありません。


別に新電力とすぐに契約しなくても電気が止まるわけではなく、
今まで通り既存の電力会社から電気はきます。

自分のライフスタイルに合わせ、最も電気代節約につながる
新電力をお選び下さい。

旅行と一緒に申し込めば旅行代を割引く、クックパッドが使えるといった、きめ細かいサービスも出てきました。九州の自治体出資の会社では水道代が割引になる事例もあります。

ところで、契約する個人や家族のライフスタイルに応じた選択が望ましいのですが、一概にどこが一番安いかで決めにくいのも悩ましいところですね。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする