「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



エアコンは弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!


エアコン冷房の電気代を節約するには、運転設定がポイントになります。
電気代を気にして初めから弱運転してしまっては逆効果。
余計に電気代がかかってしまいます。


エアコンは弱運転より自動設定にしていた方が電気代はかかりません。


エアコン冷房は、室内の温度を温度に下げるまでの間が最も電気を食います。
設定した温度に下がってしまった後は電気代はあまりかかりません。
そのため、短時間のうちに設定温度にしてしまったほうが電気代を安く抑えることができるのです。


エアコン冷房の自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転します。
その後は微風運転、と一番電気代が抑えられる効率が良い運転を行います。
そのため自動運転が一番電気代をかけない効率的な運転方法となります。


初めから弱運転や微弱運転をすると、室内温度が設定温度に下がるまでに長時間かかってしまいます。
その分電気代が高くついてしまうことになります。


エアコン冷房のスイッチをこまめに切り替えるのも感心しません。
逆に電気代が高くなってしまいます。


上記で述べたようにエアコン冷房は設定温度まで室温を下げるまでが最も電気代がかかるので、
こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、一度室温を下げたらそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。



夏の電気代が高くなる大きな原因は、ほとんどの家庭はエアコン冷房にかかる電気代でしょう。
エアコンの電気代を節約ことができれば、夏の電気代を節約できる可能性がありますね。


エアコンの電気代は、効率の良い運転方法を意識した上、電気料金プランによっても大きく変わってきます。
電気料金プランは、プランごと時間帯別に異なる電気の「単価」が設定されています。
家族が在宅していてエアコン冷房をいつも使っている時間帯の電気の単価が安いプランを使えば、エアコンの電気代を安くできます。


電力小売りの自由化が始まった今、自分に合った電気代の料金プランを賢く選択し、
節電・快適スマートライフを過ごしましょう♪
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの電気代を安くする方法


エアコンの電気代は、単純計算すると平均で1時間で11円〜27円くらいだと言われています。

もちろんメーカーや部屋の大きさ、設定温度によって違ってきます。



12畳以上の大きなお部屋だと、その分、電気代は高くなり、だいたい1時間あたり30円以上になります。

かつて資源エネルギー庁が発表した日本の1世帯あたりの年間電気消費量をみると、

4,618kWhとなっています。そのうちエアコン電気代の割合は7.4%だそうです。


しかし、夏場に限れば、一般家庭の電気代の約50%がエアコンだそうです。

エアコンは設定温度によって電気代が変わります。

夏の冷房運転では1度高く設定することで、10%も電気代を節約できるといわれています。



エアコンはこまめにスイッチを入れたり切ったりするより、つけっぱなしの方が節約になります。

エアコンは起動時に冷風を作り出すためにパワー全開し、多くの電力を消費します。

体感温度が快適になったからといって、その都度電源を切ってしまうのは節電には逆効果。

お部屋が快適になったなら、電源を切らずに設定温度を上げる方が電気代の節約になります。



電気代を節約するには、フィルターの掃除も必要不可欠です。

送風口にホコリが詰まっていると運転効率がダウンします。

このホコリを取り除くだけで、効率が25%アップするといわれています。



また、エアコンは設定温度を下げるよりより風量アップする方が

電気代の節約になります。


空気を冷やすコンプレッサーは消費電力が多くかかります。

風量アップは送風ファンを回すので、この方が消費電力が少なくて済みます。



エアコンの風向きは上にして、冷気が部屋の奥まで届くようにすることをおススメします。

下向きにすると冷えるまでに時間がかかってしまいます。


猛暑を乗り切るのに必須のエアコン。

電気代が悩みの種ですが、以上の点を意識して、賢くエアコンを使いこなしましょう。
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの電気代の計算方法


エアコンなしでは生活できない夏場。

でも、気になるのはエアコンの電気代。


エアコンが一番電気を食うってよく聞きますが、

電気代節約のために、エアコンが一体いくらぐらい電気代がかかっているのか?

を知っておくことが重要になりますね。



電気代節約の基本は、電気代の計算方法が把握することです。

これを知らないと、電気の使用量を意識しなくなりがちでついつい無駄に電気を使用してしまいます。



電気代の計算がしっかり頭に入っていると電気の使用量を意識するようになり、

無駄に電気を消費しないよう意識が変わり、節約につながります。



エアコンの電気代が簡単にわかる計算方法があります。

エアコンの電気代は「期間消費電力量×1kWhあたりの電力量料金」で簡単に計算できます。



エアコンのカタログなどに「期間消費電力量」というものが記載されていますね。

期間消費電力量というのは、そのエアコンを1年間、冷暖房で使用した際にかかる電力量の目安で、

どのメーカーのエアコンも同じ基準で算出されています。



例えば、期間消費電力量が800kWhと記載されていた場合、1kWhあたりの電力量料金を22.91円で計算すると、

800kWh×25.91円=20,728円となり、年間にかかる電気代の目安は20,728円ということがわかります。
(1kWhあたりの電力量料金は契約される電気料金プランごとに異なります)。



エアコンの最も電気代がかかるといわれる冷房時の消費電力を比べると、

15年前のエアコンを買い替えた場合は約43%の節約に、

10年前のエアコンを買い替えた際は約19%の電気代の節約になるといわれています。



買い替えによる節電効果が大きいエアコン。

古いエアコンを使っている方は、この夏、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?



電力自由化によって、それぞれの家庭の生活時間帯に合わせて一番安く使える電気料金プランを選ぶと、

エアコンの電気代も無駄なくお得に節約していくことが可能になります。


せっかくの電力自由化、無駄なく、無理なく電気代を節約するためにも、

エアコンも含め自宅にある家電の電気代を把握し、ベストな料金プランを選びましょう。
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする