「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーターで電気の「見える化」導入が節電の第一歩


電力の自由化でスマートメーターを導入すれば、即電気代が安くなると思っている人が多い。

しかし、いざ電気代を比較してみると「思ったよりも安くならない」とがっかりしたケースもあるという。

電力自由化は、文字通り電力会社を自由に選べるのだが、大事なのは「自分に合った電気プランが選べる」と捉え直すことだろう。



東電や関電など既存の大手の電力会社のみならず、新電力各社も多数のプランを用意している。

そのなかから自分の家庭にあったプランを選び、無駄を省くことが節約につながります。

また、新プランは電気の単価が下がる場合があるので、さらに使用量を下げれば節約の効果がより増すことになります。



電気代節約の一番の早道は、どれだけ電気を使っているか見直すことです。

新電力プランに切り替えると無料でスマートメーターを取り付けてもらえます。

スマートメーターは、これまでの電気メーターの代わりとなるもので、電気の使用量を計測する機器です。



従来の電気メーターは検針スタッフが毎月各家庭を巡回し、前月と今月の数値を見比べ、

1か月の電気使用量を算出していました。



しかし、スマートメーターは、検針スタッフによるチェックが不要で、自動的に30分ごとに使用量を計測し、

電力会社のサーバーに情報を送信。集計などに2日ほどかかるが、利用者のPCやスマートフォン、

タブレットなどで1時間ごとの電気使用量を確認できます。


これまでは1か月単位の使用量しか把握できなかったが、スマートメーターを付けることで使用量の多い時間

帯、少ない時間帯を把握することができるようになります。



最も電気を使う時間帯の電気単価が安いプランに変更すれば、

これまで通りの使い方でも電気代を安くすることができるようになります。

電気単価の安い時間帯に合わせて家事をするのも一つの手でしょう。



スマートメーターは、2030年年度末までに日本の全世帯に導入する計画です。

東電では東京オリンピックが開催される2020年までに全世帯に導入する計画を出しています。

安い電力会社を探すのと同様に、まずは自宅の電気の使用量を把握し、

うまくプランを活用することが電気代節約につながります。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターを使って電気代節約


電力自由化で
「少しでも安い会社に乗り換えたい」、
「新電力が多すぎて選ぶのに迷わされる」
「あの会社を選んで大丈夫なの?」
などと思い悩んで、いまひとつ踏ん切りのつかない人も多いのでは。


スマートメーターと電気代節約は直接は結びつかないのですが、
これからのIT化される一方のインフラを考えれば、間接的には
大きく関連性を持ちます。


新しい電力会社への乗り換えを検討されている方は、
スマートメーターの知識を身につけておけば今後大いに役立つはずです。


スマートメーターの「Smart」は、スマートフォンの「スマート(賢い)」の意味。
英語圏では(コンピュータ内蔵、ハイテク搭載)といった意味で使われることも多いようです。



日本で言うところの「ICカード」は、欧米では「スマートカード」と呼ばれています。
スマートメーターも、要するに「コンピュータ内蔵の電気メーター」のことです。


電力自由化とスマートメーターは切っても切れない関係です。


2000年代に入ると電気の供給(売電)が開放され、東京電力や関西電力などの
既存の電力会社以外の大阪ガスなどが大規模な工場や百貨店などの商業施設に電気を売れるようになりました。


それ以降、単純に積算するこれまでの機械式の電力メーターでは対処が難しくなり、
使用量を時間ごとに記録する方式のメーターが登場。デジタル式、電子式のメーターで、
これがスマートメーターの原形になります。


今後、各家庭に設置される機種はこれを進化させ、計測時間を柔軟に設定したり、
計測データを任意の時間に電力会社に送ったり、家全体の電気の利用状況を液晶パネルに表示してチェックする機能などを追加したものです。


電力の小売が全面的に自由化された2016年4月以後は、電力会社から季節や曜日、
時間によって料金を変えるなど、いろいろなプランが出てきています。
また電力自由化の目的の一つに、電気の有効利用もあり、
多彩な機能を備えたスマートメーターの使用が前提になるわけです。



スマートメーターを設置すれば検針の方法も変わります。
従来の電気メーターのように、検針員が月に1回、家庭やオフィスを巡回するやり方は、
人海戦術が可能な大規模な会社以外はできません。
これでは真の自由競争とはいえず、新規参入の会社には大きなハンディが生じてしまいます。



電力自由化によって電気は離れた地域の会社からも買えるようになっていますが、
遠方までメーターの数字を見に行くことは事実上不可能。
スマートメーターでの自動検針、遠隔検針の機能は必須なのです。



スマートメーターの特長は、電気を利用している様子が液晶パネルなどを通じて、
その場で確認できる点です。家全体の使用量は当然として、冷蔵庫やエアコン、テレビ、
電子レンジ、炊飯器など家電の電気の使用状態を数字やグラフで見られるようになっています。


これまでは、個々の使用量は細かく計算しない限りつかめませんでしたが、
スマートメーターを通じて、数字とイメージですぐに分かるようになります。


メーターに組み込むアプリケーションソフトの働き次第では、
無駄と思える電力消費を察知してランプの点滅で注意を促したり、
あらかじめ設定した基準に従って、自動的に使用量のコントロールをしたり、
あるいは節電に関する情報を電力供給会社のコンピュータから引き出したりすることができます。


要するにスマートメーターを有効活用するにはパソコンやスマートフォンが必須で、
そこに表示されるデーターの見極めこそが大事。


スマートメーターを設置した家では、その機能に慣れてくれば、
電力と電気の使い方に対する感覚が鋭くなるはずです。


そして、それは契約している料金プランを再検討したり、
提案された新しいサービスを見極めたり、新しい電力会社に乗り換えたりするときも、
より賢い選択ができることにつながります。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代節約に効果 スマートメーター


スマートメーターは電力会社を切り替える際に必須となります。
設置費用は基本無料。
既存の電力会社でも料金はかかりません。

スマートメーターとは


スマートメーターはは双方通信機器を備えており、リアルタイムで計測が可能になるので、
電気代節約の大きな味方になります。


スマートメーターを設置すれば契約アンペア数の変更や、
電気の開通麹なども作業員が各家庭を訪れる必要がなくなり、
遠隔操作で可能となります。


さらにスマートメーターは双方通信機能に加えて、各家庭の電気使用量を30分ごとに
自動計測するという利便性も持ちます。


従来は月に1回の検針で月単位の合計でしか電気使用量を把握できませんでした。
季節ごとの使用傾向は分かりますが、曜日や時間帯による違いまでは
把握できませんでした。


しかし、各電力会社は、今後は30分単位で自動計測するスマートメーターの
機能を活かした便利なサービスを用意しています。


それは、使用電力量の傾向を細かく把握できる「見える化」です。


たとえば東京電力は「でんき家計簿」、関西電力は「はぴeみる電」という
Webサービスを提供していて、契約者情報を入力することにより、
毎月の使用量や電気料金だけでなく、30分ごとの使用量を画面で
分かりやすく確認することができます。


電気を多く使っている日や曜日、時間帯が分かるため、ムダに使用している
時間帯や使用傾向がはっきりと認識できるようになります。


節約意識を高めることはもちろんですが、たとえば夜間は電気料金が割安になる
プランを検討したいという場合には、大いに役立つ情報になるでしょう。


スマートメーターを設置され、その特性を知れば、
電気代に節約に大いにつながります。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターとは


スマートメーターとは、情報通信機能を持った高機能電力メーターのことです。

このスマートメーターは、さまざま機能を持っており、電力計量計としての役割だけでなく、

電力会社から、電力料金に関する各種選択メニューや省エネサービス、防災・セキュリティサービスなどの提供を受けられる他、

遠く離れて住む両親や1人暮らしのお年寄りの見守り機能、福祉・介護支援機能などのサービスも期待されています。



東京電力では2020年度末までにスマートメーターを各家庭に設置予定で、

関西電力と中部電力が22年度末までに、九州、四国、東北、北海道、北陸、中国の6電力は23年度末、

沖縄電力は24年度末としています。


現在の電力メーターはほとんどが機械式のメーターで、無線機能や遠隔操作機能は持っていません。

しかし、IT(情報通信)技術の進歩によって、さまざま機械・装置のIT化が進むにつれ、

電力メーターもIT化の可能性が検討されてきました。

そして、電力自由化の具体化により、自由化に対応した、より高度な電力計すなわち、

スマートメーターの導入が急速に検討課題としてクローズアップされてきたのです。


スマートメーターの最大の特徴は情報通信機能を持つことで、電力会社とリアルタイムでやり取りができる点です。

例えば、スマートメーターのデータ通信を使って、電力会社はそれぞれの家庭で使う電気消費量を30分ごとにパソコンやスマートフォンに知らせてくれます。

電力会社は時間帯別の多様な料金プランを提示してくれるので、

家庭で使う電気消費量と料金プランをにらみ合わせながら、最も料金が安くなるプランを選ぶことが可能になります。

また、夏場の猛暑などに電力需要が急増する時には、電力会社がそれぞれの家庭に節電要請、つまりエアコンの温度設定を高めにしてもらうよう要請する場合もあります。


スマートメーターをテレビやエアコン、冷蔵庫などの家電製品とリンクして、それぞれの電力消費量を「見える化」することで、省エネを促進することもできます。

また、遠く離れた高齢の家族、ひとり暮らしの親などの生活について、電力会社を通じて見守り支援をお願いすることも可能になります。

見守り支援は、高齢者の電気使用状況をスマートメーターでウオッチすることで、毎日の生活ぶりを把握します。

万一、使用状況に異変がみられた場合、地域の医療・介護センターに連絡をとってもらい、対応する仕組みです。


このようにスマートメーターは、我々の暮らしを大きく変える可能性を秘めています。

省エネ、電力消費の効率化、電力需給の管理だけでなく、福祉や介護、医療、防災、セキュリティなど、幅広い分野で活躍することが期待されます。

posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーター 設置状況


通信機能がついた次世代電力計「スマートメーター」は2024年度末までにすべての家庭に設置される予定です。

政府の要請に応じ、電力各社が当初の計画を前倒し、20年代には、国内のすべての家庭で、節電などに便利なスマートメーターが利用できることになります。


スマートメーターは、各家庭と電力会社の間で、通信機能を使って電気の利用状況などを素早くやりとりできる装置。

電気の使用量を30分ごとに把握できるため、電力会社側は多様な料金メニューをつくることが可能。

利用者側は、節電に役立つメニューを選んだり、電気代を抑えることもできるようになります。


スマートメーターについて話し合う経済産業省の作業部会も活発化。

東京電力はすべての家庭に設置し終える時期を従来より1年前倒しし、最も早い20年度末としています。


関西電力と中部電力が22年度末で続き、九州、四国、東北、北海道、北陸、中国の6電力は23年度末、

沖縄電力は従来計画より8年も前倒しして24年度末としています。


2016年4月から開始された電力自由化ですが、まだ普及率は僅か。

新電力に変えても現状とくにメリットがわかりにくい状況だけに、

各家庭とも「様子見」の状態。


それでもスマートメーターの仕組みや特性の理解度が徐々に深まるはずで、

今後は電力自由化が活発化してくるでしょう。

そうなると新電力の価格競争も激化。

スマートメーターを活用し、同時に個々の家庭の電力事情を把握すれば、

たやすく電気代を節約することが可能になるでしょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする