「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートマンションのメリット


基本無料で設置されるスマートメーターは、
新電力へ申込みする際のメリットになります。

スマートメーターによって住宅のIT 制御が推進し、
自宅のスマート化が本格的に可能になります。

スマートフォンのアプリを使えば、外出先でも
電気の使用量を下げて電気料を安く抑えることが可能になります。

スマートメーターは、メーター内に通信機能を搭載し、
家庭での電気の使用状況の「見える化」を実現にするのです。

この高機能電力のメーターの導入で、一般家庭と電力会社が
リアルタイムで電力データがやり取りできるようになります。

電力会社はそれぞれの家庭で使う電気消費量を、パソコンや
スマートフォンに通知できるわけです。

さらに節約できた電気分は、新たな設備の導入や改善に使うこともできます。
そうしたメリットを受けやすいのはマンションです。

マンションは戸建てに比べて高断熱・高気密に建造されています。
元々、エネルギー効率がよい建物なのです。
それがスマート化によって先端的な性能を維持できるようになります。

いわいる「スマートハウス」。
マンションこそがスマートメーターの導入によって大きなメリットを受けます

スマートメーターによってIT化されたマンションを購入すれば、
それは最先端のスマートハウスを手に入れた、ともいえるでしょう。

将来、マンションを賃貸に出した時も、中古で売る際も
「スマートマンション」であることは大きなメリットになります。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターのメリットとデメリット


スマートメーターを導入する事による最大のメリットは、
通信機能がつくことにより、いままで把握できなかった各家庭の電力消費量が、
数字でリアルタイムにみることができるようになることです。


電力の「見える化」はこれまで不鮮明だった各家庭の省エネに、
数字的目標を与えることになるでしょう。
省エネに対し各家庭が取り組むことができれば、その節約は大きな結果となり得ます。


電力の消費が特に激しい夏場には大いに成果が期待できるところだと思います。
省エネ効果をもたらすという意味でスマートメーターの導入はプラスに働きます。


スマートメーターは、時間帯ごとの使用量を記録できるので省エネに役立つはずです。

今の電気メーターでは、いつ電気をたくさん使っているのか分かりませんが、
スマートメーターなら、時間帯ごとの電気の使用量がわかるようになります。
使いすぎる時間が把握できれば、節約もしやすいと思います。


また、検針することがないので、読み間違いのリスクもなくなるはずです。
今は人力で検針しているので、やはり間違いもあるだろうし、
電力会社のコストを減らせば、電気代も下がるのではないでしょうか。


スマートメーターは、電気の使用状況をリアルタイムにチェックできるため、
節電意識の向上につながるでしょう。


従来の電力量計では、どれだけ電気を使っているかが分かりにくいため、
節電方法が分かりにくかったのですが、スマートメーターはその点を
明確にします。


使用電力量を随時見ることができる点は、
各家庭にとって節電につながり、夏の昼間の電力使用量などが分かると、
ピークカットにも役に立つでしょう。


一方、スマートメーター導入によるデメリットは、
セキュリティ上の問題です。


スマートメーターには通信技術が使われます。
そのため、ウイルスによる不正操作が行われる可能性があります。


いつどれくらい電気を使ったのかというのは個人情報が多く含まれているからです。
この個人情報が漏れると、電気を使っている時間帯で在宅か留守かなども筒抜けとなり
悪用されかねません。


将来的にスマートメーターが設置された際、
通信先の電力会社がしっかりとセキュリティを施しているかどうか、
確かめる必要があるでしょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電力自由化 メリット


電力自由化によって一般家庭にどんなメリットをもたらすのでしょうか?
まず考えられるのが一般家庭にも電力購入の選択肢が広がることでしょう。


関西電力や東京電力などの各地域の電力会社が独占的に供給してきた
電力を地域電力会社以外からも購入できるようになるのですから、
今より安い電気を供給する会社があれば簡単に乗り換えることができます。


これまで日本の電力会社10社の市場規模は約7.5兆円といわれています。
その市場が開放されたのですから、新電力には大きなビジネスチャンスです。  


現実にエネルギー関連企業以外にも通信会社や携帯電話会社などが新電力に参入。
インターネットやスマホなどのサービスを組み合わせた「セット割引」を行うなど、
一つ一つを個別に契約するよりもずっと安く提供出来るといった具合に、
これまでなかったサービスが生まれてきています。


また、電力自由化には電気料金の設定が自由に行われるというメリットもあります。


2016年3月まで家庭用などの「低圧」部分の電気料金は、地域の電力会社が発電にかかるコストや人件費、
設備の維持費用などの必要経費などを総合的に判断してはじき出し、
国の認可を得て決定されていました。


つまり、これまでの電気料金は国の規制が強く働いていたのです。


それが電力小売りが完全に自由化された2016年4月以降、
家庭向けも含めて料金の設定は電気事業者が自由に行うことができるようになったのです。
経営体力や経営努力に応じて価格が決まるので、事業者ごとに料金やサービスに差が出てきます。


いかに消費者に魅力ある料金体系やサービスを作り出すことができるかの勝負になり、
一般家庭には電気料金の「選ぶ自由」が開放されたのです。


つまり、これまで地域の電力会社の料金プランでしか契約できなかったのが、
他地域の電力会社のプランや新規参入の通信系会社のプランやスマホなどの
携帯会社のセットプランを選べるようになったのです。


電力会社間の競争が活発化することにより、発電用の燃料コストが上昇している中でも
電気料金を抑制する効果が出ているといわれています。


愛媛県松山市の中学校29校では、新規参入した電力会社との契約によって、
従来の四国電力が示した金額と比べて年間約6.2%、金額にして約500万円削減したケースもあります。


このように電気事業に新たに参入する企業が増えることで競争が活発化、、
それがサービス内容や節電、省エネ意識の向上につながり、
ひいては電気料金の引き下げにつながる可能性があるのです。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターの課題


電力自由化に伴って、全世帯の設置が義務付けられたスマートメーター。

通信機能がつくことにより、きめ細かな電気代の把握、

これまでの検針作業がなくなるなど、

メリットばかりが強調されていますが、デメリットもあります。


スマートメーターはその通信機能自体を問題視する意見もあり、

機器が発する電磁波による身体への影響や盗聴の可能性、

さらにはこまかなデータ収集がプライバシー侵害に当たるのでは・・・

という声も出ています。



スマートメーターの導入が進んでいるアメリカでは、

件数は少ないとはいえ、機器が発火するという事故もあり、

スマートメーターの設置を拒否する家庭もあるほどです。


日本でアメリカと同様の問題がおこるかどうかはわかりませんが、

海外の状況や事例はしっかりと把握しておく必要はあるでしょう。


メーターのスマート化は電気だけに限りません。

ガスや水道でも設置の可能性があります。


海外では電気とガス、電気と水道で同時にスマートメーターを導入しているケースもあります。

現在、日本ではガスや水道も電気同様に、コストと手間隙をかけて一戸ずつ目視検針を行っています。


スマートメーターを設置できれば、こうした検針の必要がなくなるだけでなく、

使用量をモニターに表示できるようになります。


すでにガス会社と水道局、スマートメーターメーカーが協力して実証実験が開始されており、

導入の機運は高まりつつあります。


電力小売りの全面自由化によって、今後さまざまな電気料金プランが登場してくるでしょう。

夏場と冬場の電力消費量を工夫することで電気料金を安く抑えられるプランが登場する可能性もあります。


電力会社から毎月送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」には

電気料金の使用量や内訳、契約内容が書かれています。


金額だけを確認してゴミ箱に捨てるのではなく、

月々の電気代の中身や月ごとの金額の推移などをしっかりと把握し、

賢く契約プランを選びましょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターのメリットを生かして電気代節約


スマートメーターは従来の機械式メーターの替わりになるもので、

電力会社と通信することで各家庭を回る電気料金の検針を不要にします。



各家庭ではスマートメーターを設置することによって、

日本中の電力会社と自由に契約できるようになります。

スマートメーターは電力自由化には欠かせない設備ということです。

1112.jpg
引用元:Wikipedia

1113.jpg
引用元:東芝産業機器システム株式会社


スマートメーターの最大の特徴である通信機能を使えば、通信回線を通じて電気の使用量をこまめにチェックできます。

また、今までは引っ越しの際、検針に立ち会わなければなりませんでしたが、その必要もなくなります。

さらに、契約アンペアを変更する場合も遠隔操作でスマートメーターのアンペアを設定できるので、

この際も立ち会いが不要なほか、ブレーカー取り替え時に停電が起こるといった心配もありません。


スマートメーターのもう一つの特徴として、これまでのアナログ式メーターでは1か月単位でしか電気使用量が計測できなかったものが、

スマートメーターの導入により30分単位の電気使用量が計測できるようになります。


細かくどの時間帯に、どれだけ電気を使っているかが把握できれば、様々な無駄が分かるので、

こうした電力の「見える化」は電気代の節約つながってきます。


これまでの一般的な電気料金プランは、月の電気使用量の総量に応じて料金が決定される「従量電灯プラン」でしたが、

今後スマートメーターの普及により30分単位での計測が可能になると、様々な生活リズムに合わせた電気料金プランが組めるようになります。


すでに大手電力会社では夜型の生活をする人向けプランなどがありますが、

そのプランで実際に得をするかどうかは、入ってみないと分かりません。

しかしスマートメーターの30分単位のデータを活用すれば、そうしたシミュレーションが極めて高い精度で可能になってくるのです。


スマートメーターの導入は、国の政策として進行中です。

国は「エネルギー基本計画」において、2020年代早期に、

全世帯、全事業所分となる約7,800万台のスマートメーターの導入完了を目標に掲げています。


2016年4月からスタートした電力自由化。

今現在、新電力への移行をお考えの方はスマートメーターの設置が必須ですが、

変更先の新電力へその旨を伝えれば、無料で設置してくれます。


でも、そう慌てなくても、これから年を追うごとにどの家庭でもスマートメーターが設置されます。

スマートメーター設置後に自宅の30分ごとの電気の使用量を完璧に把握してから、

ご自分の家庭に適した料金プランを提示している新電力に変更しても遅くないでしょう。


現状では、新電力への変更は「様子見」で賢明といえるかもしれませんね。




posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする