「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力自由化による太陽光発電の影響


2016年4月からスタートした「電力小売り自由化」は、太陽光発電にどのような影響を及ぼすのでしょうか?


太陽光発電の最大のメリットは、発電した電気を売って利益を得られることでしょう。
それぞれの家に取り付けた太陽光発電によって生み出された電気は、そのまま家庭で利用できます。
しかし、発電量によっては自宅だけで使い切れないこともあります。

そんなとき、余分な電気を電力会社が買い取ってくれるのが、売電という制度です。
しかし、すでに太陽光発電を導入し、余った電力を売っていた家庭では、
電力自由化によって買取単価が影響を受けるのではないかと心配しているようです。

節電を意識し、電気代を減らす目的で太陽光発電を取り入れている家庭も多く、
買取単価によっては支払う電気料金にも大きな差が出るため気にする人も多いのではないでしょうか?


太陽光発電の買取単価が年々下がっていることもあり、現行の買取価格が切り替わる時期と、
一般世帯向けの電力自由化がスタートした2016年4月と一致しているため、
電力自由化が広く一般に行き渡れば、さらに下がるのではないかという懸念につながっているのでしょう。


しかし、実際は一般的な家庭に取り付けられている10kW未満の太陽光発電設備の場合、
契約時から10年間は買取単価が据え置きになります。また、10kW以上の太陽光発電設備になると、
10kW未満よりも単価は低くなるものの契約時の買取単価が20年据え置きになります。


また、電力自由化が進むと、数年後には既存の電力会社だけでなく、
新電力との間でも太陽光発電の余剰電力を売電契約できるようになる可能性もあります。


基本的には家庭の消費電力を太陽光発電で賄い、余分な電気料金を払わないで済むように
節電や電気料金節約に励むようにすれば、電力自由化後に今より買取単価が大幅に下がったとしても
それほど大きく損することはないはずです。

電力自由化によって安い電気料金プランを提案する新電力と契約を結ぶ家庭が増えると、
その影響で既存の電力会社の電気料金が高くなることも考えられます。
そんなとき、威力を発揮するのが自宅での太陽光発電です。

ただし、節電を意識し、蓄電池やHEMS(家庭の電力の消費と発電・蓄電設備をリアルタイムで管理し、
快適さを保ち節電を行う設備)を利用できるようにしておくことが大事になってきます。
太陽光発電の電力は蓄電池で貯めることができなければ、太陽が出ているときに発電したものをその場で売るか使うか選ばなければなりません。

しかし、蓄電池に貯めておくことができれば、
使いたいタイミングで消費電力の大きい家電を使っても大丈夫です。

例えば消費電力の大きな洗濯乾燥機は太陽の出ていないときほど使いたいものですが、
どうしても電気代がかかります。
その点貯めておいた電力を使えれば、電力会社から買う電力が減るため、
電気代を節約でき、支払う電気料金も減らせます。

新電力の中には自然エネルギーによる発電をセールスポイントにしている事業者も多く見られます。
新電力の競争激化によって現行の余剰電力買取単価を上回る単価で買い取る企業が、
出てくる可能性もあります。

もちろん、せっかく10年間の買取単価据え置き期間があるのですから、
もし新電力でそのような提案があった場合でも、
買取が安定して続くかどうかをよく検討する必要があるでしょう。

いずれにしろ、電力自由化で太陽光発電のメリットが大きく損なわれるようなことはないと考えていいのではないでしょうか。
posted by スマートメーター at | 電力自由化 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする