「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約 アンペア変更


電気代は契約アンペア数によって変わる仕組みです。

契約アンペア数を低くすれば電気料金は安くなります。


一人暮らしの方や家族人数が少ない家庭は

不必要に多い契約アンペアを変更し、電気代を節約しましょう。



契約アンペア数は10アンペアから60アンペアまでの7種類があります。

電力会社に連絡すれば、すぐに契約アンペア数を変更できます。


10アンペア下げれば毎月200円〜300円の節約が可能です。

一度、電気料金の明細か以下の方法で確認してみるといいでしょう。


分電盤のアンペアブレーカーの色と数字を見れば

現在の契約アンペアを簡単に調べることが出来ます。


東京電力の契約アンペア基本料金表は以下の通りです。


・10アンペア=赤色=基本料金260円
・15アンペア=ピンク=基本料金390円
・20アンペア=黄色=基本料金520円
・30アンペア=緑色=基本料金780円
・40アンペア=灰色=基本料金1040円
・50アンペア=茶色=基本料金1300円
・60アンペア=紫色=基本料金1560円


通常、何も変更していない場合は30アンペアか40アンペアになっています。

あまり電気を使わない場合や少人数家族などの場合は

電力会社に電話をして契約アンペアを下げれば電気代節約になります。


では、どの電化製品がどれぐらいアンペアを使っているのか?

テレビ=平均1.5アンペア
冷蔵庫=2アンペア
掃除機=弱2アンペア〜強10アンペア
炊飯器=14アンペア
アイロン=14アンペア
エアコン=12〜20アンペア
ドライヤー=12アンペア
電子レンジ=15アンペア
洗濯機/乾燥機洗濯=6アンペア/乾燥15アンペア
食器洗い乾燥機=13アンペア
IHクッキングヒーター=弱7アンペア強14アンペア


一見多く感じるアンペア数ですが、

少人数家族ならば同時に動かす事も少ないのではないでしょうか。

テレビ+冷蔵庫+電気+炊飯を全て付けて20アンペアほどです。


炊飯時にエアコンと電子レンジを使えば40アンペアを超えますが

そこまで同時に電気を使わないのならば20〜30で十分でしょう。

一人暮らしの方ならば20アンペアでも十分ですね。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代節約に役立つスマートメーター


毎月の電気代を節減しようと思っていても、ついうっかり見過ごしてしまいがちですよね。

最初は電気代の節約を強く意識していても、時間の経過とともに疎かになるものです。


しかし、スマートメーターを使えば、電気代節減を常に意識できるようになります。

これまではひと月ごとにに自宅に届く電気代の請求書を見ることでしか

電気代を知ることができませんでした。

「しまった!今月は電気を使い過ぎていた!」と悔やんでも、時すでに遅しでした。


しかし、スマートメーターが導入されれば、電気を使用している最中に

「使い過ぎ」かそうでないかの判断が出来るようになります。

結果的に電気の節約に繋がるのです。 



スマートメーターを設置すると、電気使用量が電力会社のホームページなどで、パソコンやスマホでいつでも確認出来るようになります。

また、家庭にエネルギーを節約するための管理システム「hems(ホーム エネルギー マネジメント システム)」が設置されていれば、

各家電製品がどれだけの電力を消費しているかといったことも把握することが可能になります。



どの時間帯に、どれだけ電気を使っているかが細かくわかれば、一目で様々な無駄が把握できるようになります。

いわいる電力の「見える化」が形成できれば節電に大きく寄与するだろうと言われています。



電力自由化に伴って、既存の電力会社も含め新電力が様々な料金プラン打ち出しています。

一般的家庭のプラン「従量電灯プラン」の場合、月の電気使用量の総量に応じて料金が決定されますが、

スマートメーターが普及すれば、さまざまな生活リズムに合わせた電気料金プランが増えるくるでしょう。


これまでも既存の大手電力会社では夜型の生活をする人向けの夜間割引プランなどがありますが、

本当にそのプランが得なのか、実際に入ってみないと分かりません。

しかしスマートメーターの30分単位のデータを活用すれば、そうしたシミュレーションが極めて高い精度で可能になります。



欧米諸国ではスマートメーターの普及が進んでいますが、日本では東日本大震災を契機に、その必要性が求められるようになりました。

スマートメーターを設置していれば、計画停電をおこなう際に「病院や信号機は除く」といったことも可能になるだけでなく、

細やかな電力制御をおこなうことで、災害時の停電を未然に防ぐことも可能になるといわれています。

さらに太陽光をはじめとする再生可能エネルギーで発電された電気を、電力網へ簡単に取り込めるようにもなります。


こと電気代節約に関して、その導入は必要不可欠といえるスマートメーター。

国は2020年代早期に、全世帯、全事業所分となる約7,800万台のスマートメーターの導入完了を目標に掲げています。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代節約へ スマートメーターで快適エコ生活


電力自由化になりスマートメーターを取り付けると使用電力がリアルタイムに確認できるようになります。
家庭での省エネ節電がしやすくなり、料金プランの厳選で電気代節約につながります。


現在、二酸化炭素の排出量をいかに削減するかが世界各国の課題になっています。
いわいる地球温暖化です。


国をあげて取り組んでいる地球温暖化防止のための省エネ節電へ、
電力自由化制度のスタートに伴い、各電力会社では従来の電気メーターをスマートメーターへと切り替えを始めています。


スマートメーターは現在の電気使用量がリアルタイムで確認できるので、
インターネットを通じて家庭の電気使用状況などを管理できるようになります。



時間単位での電気使用量や使用パターンが分かるので、必要ない家電の使用を控えたり、
エアコンの温度設定を調整するなど工夫次第で手間なく省エネ節電ができるようになります。


各家庭とも四季によって電気代は波があるものでしょう。
気温や気候が穏やかな春や秋は電気使用量が少な目で、
暑さや寒さの厳しい夏や冬には冷暖房の使用等により電気代が高くなりがちです。


従来の電気メーターでは前月の使用量と料金を確認して、
使い過ぎたなと感じても、具体的に使用を控えることができづらいものです。


スマートメーターはならアルタイムで電気使用量の確認ができるので、
当月中のうちに省エネ節電ができるようになるのです。
その結果として、毎月の使い過ぎを抑え、電気代の節約になり省エネ快適ライフが送れます。


電力自由化によって新電力と契約をする際にはスマートメーターの設置が求められます。


新電力へ変更するには基本的に面倒な工事は必要ありません。
スマートメーターへの交換のみで済みます。

スマートメーターへの交換は通常、無料です。
既存の電力会社でも新電力でも費用負担の心配は基本的にありません。


新電力には太陽光や風力発電、バイオマス発電といった
自然エネルギーを活用した電力の供給を行っている業者も多く、
環境に優しい電力を選べば電力供給の面からも省エネ快適ライフを促進。


ひいては電気代節約へとつながります。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代を節約するための効果的な方法


高い電気代、なるべく節約したいよですね。


電気代の節約方法をネットで調べると色々出てきますが、
どれが一番お得になるのか、何から試せばいいのか、
迷いますよね。


そこで、高い電気代をお安く節約する方法をわかりやすくまとめました。


まず一番手っ取り早い方法は契約プランの見直しです。
数ある電気料金プランの中から自分が一番お得に使えるプランを選ぶのです。
プラン選びをしない場合と比べて年間15,000円以上もの電気代節約効果が期待できるといいます。


その電気料金プランを見直しですが、
従量電灯プランを使っていく場合は、契約アンペアを見直してみましょう。
契約アンペアを下げることができれば、その分基本料金をお安くなります。


今使っている古い家電を最新の省エネ家電に買い替えたり、
日頃の家電の使い方を見直すことでも電気代を大きく節約できることができます。
家の照明器具をLED照明に買い替えて、年間の電気代を18,000円ほど節約した例もあります。


また15年以上使っていたエアコンを買い替えて、
これまた年間の電気代を18,000円ほど節約したケースもあります。
10年前の冷蔵庫を買い替えても年間1万円以上、電気代の節約になります。


そのほか、洗濯機の使用時間を考えたり、エアコンの設定温度を適切にセットしたり、
フィルターをこまめに掃除するなど、電化製品に対して関心を持てば、
電気代の節約につながります。


エアコンに関して、まだまだ注意点があります。
室外機の周りに気を配ってください。


室外機に周りに草が生えていたり物が置いてあったりすると、
エアコンの効率が下がり、無駄な電気代がかかってしまいます。


室外機の周りは常にきれいにしておきましょう。
また、冬場には雪が積もる地方の方は室外機の吸い込み口をふさいでしまわないよう、
防雪フードや防雪ネットなどで対策をしましょう。


エアコンの電気代を気にして短時間のうちにこまめにオン・オフを繰り返していると、
逆に電気代が高くなるってことも覚えておいて欲しい点です。
なぜならば、エアコンは設定温度まで室温を下げたり、
上げたりするまでの間が一番電気代がかかるからです。

エアコンはスイッチのオン・オフを繰り返さずに「自動運転」設定にしておきましょう。 、
それが一番、電気代の節約になります。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気代の効果的な節約方法


電気代の効果的な節約方法は何でしょう?


どちらの家庭でも電気代の節約のために、
電気をこまめに消したり、誰も見ないテレビの電源を切るなど、
それぞれに意識して実施しているでしょう。


しかし、もっと効果的な方法で効率的に電気代を節約したいものです。
効果のある節電方法として「契約アンペアを変える」
「電気代の多い家電製品を重点的に節電する」などを考えてみましょう。


一般家庭の電気料金契約は、基本料金と従量料金の二つから構成されている
従量電灯契約が多いのではないでしょうか。
その場合の基本料金というのは、アンペア数によって変わります。


アンペアというのは、電流の量を指します。
アンペア数は電力会社によって違いがありますが、
ほぼ10アンペア刻みで基本料金が定められています。


例えば東京電力の場合、

10Aの基本料金は月額280.80円、15Aは421.20円、20Aは561.60A、
30Aは842.40円、40Aは1123.20円、50Aは1404.00円、60Aは1684.80円となっています。


10A〜60Aまでほぼ10A刻みとなっていますが、15Aだけが5A刻みとなっています。
これをみても分かる通り、10アンペア変えるだけで、基本料金が大きく違ってきます。


アンペア数を変えることは、各家庭ではあまり意識されていないようですが、
子供が独立して家を出た、高齢の親がなくなった、など家族構成の変化によって、
使う電気の量も変わってくる場合があります。


その場合、注意しなければならないのは、家の中で一度に使う電気の最大消費量をきちんと把握し、
少し余裕をもったアンペア数に切り替えることです。


家庭で使う電気製品のうち、いつも使う製品としては照明、テレビ、冷蔵庫などがあります。
そのほかに、時々使う掃除機、洗濯機、調理のときだけに使う電子レンジ、食器洗浄機、
季節によって使うエアコン、電気カーペット、電気ストーブなどがあります。


それらの製品のW数の合計を確認し、いつも使う製品のW数に、
時々使う製品のW数を加えた最大のアンペア数を調べます。
電流(A)=電力(W)÷電圧(V)が計算方法です。


家庭の電気製品のW数の合計がたとえば4800Wであれば、
電圧は通常100V(ボルト)ですから、Aは48アンペアになります。
電気製品を同時に使うと、アンペアブレーカが落ちますので、
余裕を持ったアンペア契約、ここでは50Aで契約にすると良いでしょう。


東京電力によると、一般的な料金契約である従量電灯B契約の平均契約アンペア数は30A、
使用電力量は290kWhとされています。
家族数が多く、電気使用量の多いご家庭では、それ以上のA数に、
一人暮らしや夫婦二人だけの家庭ではそれ以下のA数が適当といえます。


そうした場合、契約中の電力会社に連絡して、アンペア数は簡単に変えてもらえますのでお勧めの方法です。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約アンペア数の変更で電気代節約


電力自由化に伴って、今後注目されるであろうスマートメーター。

そのスマートメーターの仕組みを活用して、電気料金をどう節約するかだが、

まずは電気料金の基本体系を理解しておきましょう。


電気料金は契約アンペア数によって決定されているため、

契約アンペア数を変更することで電気料金は変わります。

自宅の契約アンペア数を低くすれば電気料金は安くなるのです。



一人暮らしの方や小家族の場合は

不必要に多い契約アンペアを低くくすれば、電気代が節約できます。


契約アンペア数は10アンペア〜60アンペアまでの7種類があり、

契約アンペア数の変更は電力会社にрキればすぐに可能です。


10アンペア下げれば月に200円〜300円、年に2千から3千円以上の節約ができるので

電気料金の明細を確認してみるといいでしょう。


分電盤のアンペアブレーカーの色と数字を見ることで

現在の契約アンペアを簡単に調べることも出来ます。


ちなみに現在の東京電力の契約アンペア基本料金は以下の通り。

10アンペア=(アンペアブレーカーの色 赤色)=260円

15アンペア=(同 ピンク)=390円

20アンペア=(同 黄色)=520円

30アンペア=(同 黄色)=780円

40アンペア=(同 灰色)=1040円

50アンペア=(同 茶色)=1300円

60アンペア=(同 紫色)=1560円


これまで変更していない場合は30アンペアか40アンペアになっているはずで、

一人暮らしの人や2、3人など小家族などの場合は

電力会社に電話をして契約アンペアを下げれば電気代の節約ができます。


次に各家庭で使われている電化製品は最大でいくらのアンペア数が必要なのか?

を見てみます。


テレビ平均1.5アンペア

冷蔵庫2アンペア

掃除機弱2アンペア〜強10アンペア

炊飯器14アンペア

アイロン14アンペア

エアコン12〜20アンペア

ドライヤー12アンペア

電子レンジ15アンペア

洗濯機/乾燥機洗濯6アンペア/乾燥15アンペア

食器洗い乾燥機13アンペア

IHクッキングヒーター弱7アンペア強14アンペア


一見、多いようにみえるアンペア数ですが、

一人暮らしや小家族なら、電化製品を同時に動かすケースは少ないのではないでしょうか。


自宅に帰って電気とテレビをつけ、炊飯器でご飯を炊き、常時動いている冷蔵庫を計算に入れても

20アンペアほどです。

炊飯時にエアコンと電子レンジを使えば40アンペアを超えますが

そこまで同時に電気を使わないのならば20〜30で十分ではないでしょうか。


契約アンペア数の上限を超えると、いわいる「ブレーカーが飛ぶ」という現象がおこり、

停電になりますが、自宅のアンペア数を意識して電化製品を使えば大丈夫ですよね。

一人暮らしの方ならば20アンペアでも十分ではないでしょうか。


前述した通り、契約アンペア数を変更は電力会社に電話すればOK。

ほとんどの場合は工事もなく、すぐに変更することが出来ます。

ただ、注意しなければならない点は変更は一年契約になり、

キャンセルできないという点は気をつけておきましょう。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする