「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



hemsとは


hems(ヘムス)とは、「home energy management system」の頭文字を取ったもので、

センサーやITの技術を活用して、住宅のエネルギー管理や「省エネ」を行うシステムのことです。


一般的には小文字のhemsより大文字のHEMSで表現されることが多いですが、

このシステムで実現できることは大きく分けて二つあります。


「表示」と「制御」の役割を果たします。

どれだけのエネルギーが、いつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」するのが「表示」。

家中の機器を一括してコントロールしたり、

自動的にエネルギー使用量を最適化したりするのが「制御」。


最近の家電製品には、センサーやコンピュータの技術を応用した、

“賢い"省エネ機能を搭載した機器が増えてきていますね。

これらのデジタル化やネットワーク化された家電は、一般的に「情報家電」と呼ばれています。


電力消費のデータを収集し、電力の利用状況のリポートや省エネのためのアドバイスをしてくれる家電製品があれば、

家人の不在を感知して電源のオフを自動的に行ったり、逆に家人の帰宅を察知して電源をオンにしたり、

生活パターンを学習して自動的に消費電力の最適化を行ったりする家電製品もあります。

 

情報家電にHEMSを当てはめると、電力の利用状況のリポートや省エネのためのアドバイスが「表示」で、

電源の自動オン・オフ「制御」です。


HEMSは、そこからさらに一歩進んで、家中の家電製品やガスなどの他のエネルギー製品を、

住宅全体として管理して「表示」し「制御」しようという取り組みです。

 
HEMSを導入した住宅での具体例としては、

例えば、消費電力が極端に多い夏場に毎日子どもが帰宅したあとの昼間の午後3〜5時に冷蔵庫が何度も開閉されている、

テレビやパソコン、ゲーム機などの電源がいっぺんに入れられている、といった具体的な省エネ対策のポイントが見えるようになります。


また、あらかじめ最大使用電力を設定しておけば、家の総使用電力が設定量に達したときに、

遠隔操作または自動でエアコンの温度設定を変えたり、優先順位の低い機器の電源を切ったりすることができるようになります。


ただ、このHEMSにも大きな課題があります。

コスト面です。

現状ではシステム導入には大きなコストが必要となっています。

省エネのためだけに、わざわざ大金を払って高価な管理システムを導入しようという人はそう多くないでしょう。  


しかし、情報家電の例にも見られるように、行政だけでなく、民間企業も独自に研究・開発を行ったり、

エネルギー関連企業や家電メーカーで連携したりしながら、徐々にHEMS実現に向けて動き出しています。


数年後、電力自由化が行き渡り、スマートメーターの認知度も高まってくれば、

コスト面のハードルも低くなり、HEMSの導入も促進されてくるでしょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター hems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートメーターとHEMSの違い


電力自由化によって俄然注目され始めたスマートメーターとHEMS。

スマートメーターは通信機能を持つデジタル化された次世代型電力量計のことですが、

HEMSはエネルギー最適化の役割を果たすシステムのことです。

Home Energy Management System(家庭用エネルギー管理システム)を略してHEMSと呼びます。


一見似通っているように思えますが、

スマートメーターが「電力使用量を外部に伝える」というのが重要機能に対し、

HEMSは「エネルギーの見える化」と「機器の制御」という役割を担います。


HEMSは、家庭内のエネルギーの流れを数値で確認できます。

家全体にシステムを導入することによって、

どの部屋でどの機器がどれだけの電力を消費しているのかなどといった内容が細かく把握できうようになります。


設定次第で、冷蔵庫やエアコンなど機器単位でも部屋単位でもフロア単位でも、消費電力量を計測することが可能となっています。

また、HEMSで把握できるのは消費電力だけに止まらず、家庭用太陽光発電システムを導入している場合には発電量が分かります。

家庭用蓄電池や電気自動車やプラグインハイブリッド車を持っている人なら、蓄電池に溜められている電力量まで確認できます。


さらに水道やガスの使用量もリアルタイムで把握できます。

ただ、HEMSは様々なメーカーが提供しており、

導入するシステムによってできることとできないことがあります。

導入前には個々のニーズによって、この点をちゃんと把握しておく必要があるでしょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター hems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする