「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約 アンペア変更


電気代は契約アンペア数によって変わる仕組みです。

契約アンペア数を低くすれば電気料金は安くなります。


一人暮らしの方や家族人数が少ない家庭は

不必要に多い契約アンペアを変更し、電気代を節約しましょう。



契約アンペア数は10アンペアから60アンペアまでの7種類があります。

電力会社に連絡すれば、すぐに契約アンペア数を変更できます。


10アンペア下げれば毎月200円〜300円の節約が可能です。

一度、電気料金の明細か以下の方法で確認してみるといいでしょう。


分電盤のアンペアブレーカーの色と数字を見れば

現在の契約アンペアを簡単に調べることが出来ます。


東京電力の契約アンペア基本料金表は以下の通りです。


・10アンペア=赤色=基本料金260円
・15アンペア=ピンク=基本料金390円
・20アンペア=黄色=基本料金520円
・30アンペア=緑色=基本料金780円
・40アンペア=灰色=基本料金1040円
・50アンペア=茶色=基本料金1300円
・60アンペア=紫色=基本料金1560円


通常、何も変更していない場合は30アンペアか40アンペアになっています。

あまり電気を使わない場合や少人数家族などの場合は

電力会社に電話をして契約アンペアを下げれば電気代節約になります。


では、どの電化製品がどれぐらいアンペアを使っているのか?

テレビ=平均1.5アンペア
冷蔵庫=2アンペア
掃除機=弱2アンペア〜強10アンペア
炊飯器=14アンペア
アイロン=14アンペア
エアコン=12〜20アンペア
ドライヤー=12アンペア
電子レンジ=15アンペア
洗濯機/乾燥機洗濯=6アンペア/乾燥15アンペア
食器洗い乾燥機=13アンペア
IHクッキングヒーター=弱7アンペア強14アンペア


一見多く感じるアンペア数ですが、

少人数家族ならば同時に動かす事も少ないのではないでしょうか。

テレビ+冷蔵庫+電気+炊飯を全て付けて20アンペアほどです。


炊飯時にエアコンと電子レンジを使えば40アンペアを超えますが

そこまで同時に電気を使わないのならば20〜30で十分でしょう。

一人暮らしの方ならば20アンペアでも十分ですね。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする