「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



ガス自由化 プロパンガス料金が安くなる可能性


2017年4月からの都市ガス自由化以降、

プロパンガスの料金も安くなる可能性があります。


「都市ガスがきていない地区だから、仕方なくプロパンガスを利用している」という人もたくさんいますよね。

プロパンガスはと都市ガスと比べると約1〜2倍も価格が高いようです。

プロパンガスの全国平均の基本料金は約2000円、都市ガスの基本料金は約900円。

それにプラスして従量単価もプロパンガスは約500円なのに対し、都市ガスは約300円。

この差は大きいですよね。



では、なぜプロパンガスは都市ガスに比べ料金が高いのか?

設置のための人件費コストがかかる、原油価格に比例するため、

高騰した場合、反映して価格が高くなる、といった理由によるものです。

都市ガスは地中にガス導線が引かれているため、輸送のための人件費コストがかかりません。



また、プロパンガス業界では顧客の取り合いはタブーとされたルールがありました。

「うちは基本料金も従量価格もこの値段!」など同業者同士で価格競争をしない内容の取り決めが

一般消費者の知らない部分でされていたと言います。


プロパンガス市場の価格に関しては特殊で、高い単価が維持できるには

同業者同士が価格競争をしないからです。

その状態を維持した結果、プロパンガスの相場は吊り上げるのが当たり前になり、

都市ガスよりも高価格になってしまった部分もあります。



ご存じの方も多いと思いますが、プロパンガスは早くから自由化されています。

それなのに、プロパンガス料金は電気料金のように単価が発表されていない場合が多く存在します。

そのため、価格交渉をした顧客には安く提供、文句なしの顧客には高い値段を提示する例もあります。


しかし、これからは違います。

今後、都市ガスが自由化され、安さを強調するためにガス料金の単価を表示するのが普通になる時代になるでしょう。

そうなれば不透明な価格設定に不満を持つプロパンガス利用者は値段を比較して

プロパンガス会社を決めるのが当たり前になる時代になるかもしれません。
posted by スマートメーター at | ガス自由化 プロパンガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする