「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力自由化 スマートメーターに関するトラブル


電力自由化が開始されましたが、一般家庭では関心度がいまひとつ。
月の電気代が5000円程度の家庭では、新電力に乗り換えてもさしてメリットのない点がその要因でしょう。


でも、新たな制度が始まっていろんなトラブルも報告されています。


電力会社のスタッフと称する人から「新しい電力会社にするためには、新しく自宅まで電線を引かなければならない」と説明があり、電線を引くための費用を請求されたというトラブルが報告されています。


電力自由化は、あくまでも「発電」部分が自由化されているだけです。
実際に電線を敷設して自宅まで電気を送り届ける「送電」部分については、
従来通りに地域の電力会社が担当しています。従って新たに電線を引く必要はありません。

地域の電力会社以外の新電力を選んだとしても、従来と同じ電線から電力の供給を受けることになります。
こうした請求にはキッパリとした態度で断りましょう。


スマートメーターは、電力自由化に必要なアイテムです。
電力会社のスタッフと名乗る人から、「電力自由化に伴って、スマートメーターを購入費用が必要です」と
言われて、その費用を請求されるトラブルも報告されています。



電力自由化で新電力を選ぶ際には、スマートメーターを設置しなければなりませんが、
スマートメーターは無料です。設置は無料で地域の電力会社が行なってくれますので、
関係者と言って費用をを求められれば、それは詐欺だと認識しましょう。


スマートメーターは地域によって設置の遅れているところもあります。
特に東京電力。同社では作業員不足がその理由としています。
「作業員が離職してしまった」「作業員が他の作業をしておりスマートメーターにまで手が回らない」
という説明がなされています。

ここで問題になるのは、従来のアナログ電力計で新プランに移行できるかどうかという点です。
しかし、時間帯や日付に関係なく料金単価を定めている料金プランであれば、アナログの電力量計でも十分に対応可能です。


ただ、これまでのアナログの電力量計では、1か月の電力使用量は分かりますが、
時間帯や日ごとの電力使用量までは分かりません。従って、時間帯や日によって電力の料金単価が変わるような契約プランでは、アナログの電力量計では対応できないので移行できないことになります。



「電力自由化で料金プランを変更しない場合でも手続きが必要ですので、手続きの代行料が必要です」と言っては、手続きのための情報や代行料を要求するトラブルも確認されています。


変更がない場合には手続きは必要ありません。電力自由化をスムーズに進めるため、2020年までは従来の料金プランも引き続き使用できるようになっています。しかもその場合も、特別な更新手続きは必要ありません。


高齢者をターゲットに「シニア向けのお得な電気料金プランがあります」と言って、
契約をさせようというトラブルが報告されています。


いくら電力自由化とはいえど、現在のところシニア専用のプランを提供している電力会社はありません。
高齢者向けの電気料金プランなどというものは事実無根です。絶対に契約しないようにしましょう。
posted by スマートメーター at | 新電力 チェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする