「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



エアコンは弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!


エアコン冷房の電気代を節約するには、運転設定がポイントになります。
電気代を気にして初めから弱運転してしまっては逆効果。
余計に電気代がかかってしまいます。


エアコンは弱運転より自動設定にしていた方が電気代はかかりません。


エアコン冷房は、室内の温度を温度に下げるまでの間が最も電気を食います。
設定した温度に下がってしまった後は電気代はあまりかかりません。
そのため、短時間のうちに設定温度にしてしまったほうが電気代を安く抑えることができるのです。


エアコン冷房の自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転します。
その後は微風運転、と一番電気代が抑えられる効率が良い運転を行います。
そのため自動運転が一番電気代をかけない効率的な運転方法となります。


初めから弱運転や微弱運転をすると、室内温度が設定温度に下がるまでに長時間かかってしまいます。
その分電気代が高くついてしまうことになります。


エアコン冷房のスイッチをこまめに切り替えるのも感心しません。
逆に電気代が高くなってしまいます。


上記で述べたようにエアコン冷房は設定温度まで室温を下げるまでが最も電気代がかかるので、
こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、一度室温を下げたらそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。



夏の電気代が高くなる大きな原因は、ほとんどの家庭はエアコン冷房にかかる電気代でしょう。
エアコンの電気代を節約ことができれば、夏の電気代を節約できる可能性がありますね。


エアコンの電気代は、効率の良い運転方法を意識した上、電気料金プランによっても大きく変わってきます。
電気料金プランは、プランごと時間帯別に異なる電気の「単価」が設定されています。
家族が在宅していてエアコン冷房をいつも使っている時間帯の電気の単価が安いプランを使えば、エアコンの電気代を安くできます。


電力小売りの自由化が始まった今、自分に合った電気代の料金プランを賢く選択し、
節電・快適スマートライフを過ごしましょう♪
posted by スマートメーター at | 電気代 エアコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする