「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代 自由化の主役は東京ガスと大阪ガス


電力自由化になった2016年4月以降、新規の顧客獲得で一歩先んじたのは「東京ガス」と「大阪ガス」の都市ガス勢。
ガスとのセット割を中心に、知名度の高さと実績を武器に着実に顧客を拡大しています。


ニュース記事によると、電力小売り自由化が開始されて一週間で東京ガスが24万件超え、
大阪ガスが11万超えの顧客を獲得。切り替え総数の66%を占めています。


東京ガスの電気は、ガス事業で培ったエネルギー供給の信頼感と、
業界トップクラスの低価格で解約金のない料金体系が好感を呼んでいるようです。


また、豊富な販売網を生かして積極的なプロモーションを展開しており、
電力自由化の主役に躍り出た形です。


大阪ガスは関西圏で「さすガっス!」のテレビCMを浸透させ、地域密着型のサービスチェーンを武器に、
積極的な営業活動を展開。顧客との友好な関係を築いている。


大阪ガスは大規模な発電所を保有しているのも強みで、電気単体での加入も可能です。
ガスと電気のセット割で最大5%の割引があり、webサービス「マイ大阪ガス」も提供。
スマートメーターで「電気の見える化」を実施。電気の使用量や料金をいつでもチェックできます。



電力会社を乗り換える際、今の電気料金と使用量を確認しておく必要があります。
毎月、送られてくる検針表をみればわかります。


新電力に限らず、電気代は使用量が多くなればなるほど料金が割安になっています。
毎月の使用量が少なかったり、日頃から節電に取り組んだりしている人は、
電力会社を乗り換えても、さほどメリットはないでしょう。


ほとんどの電力会社は、ホームページなどで料金プランを詳しく説明しています。
自由化前の料金と比較できるようにしているところもあります。


複数の会社の料金プランを比較できるサイトも多数登場しており、
そのまま、サイト上で契約することもできます。


ただ注意すべきは、比較サイトの中には料金プランの情報の更新が追いついていない場合もあります。
携帯の契約と同じ「2年縛り」があるケースもあり、違約金の有無など細かな規定も見定めておきましょう。
posted by スマートメーター at | 電気代 自由化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする