「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代の計算方法 東電アンペア制と関電の最低料金制の違い


節電するには、まず電気代の計算方法を把握することが大事です。
電気代の計算がしっかり頭に入っていると電気の使用量を意識するようになり、
無駄な電気を使わないよう意識が変わってきます。


電気料金の計算式は
基本料金+電力使用量料金+(燃料費調整額)=電気代となります。



電力使用量料金は電気の使用量に応じて課金される料金で、
燃料費調整額とは発電燃料の価格に応じて課金されるものです。


基本料金は電力会社ごとにアンペア制と、最低料金制の2つの仕組みがあります。
アンペア制を採用しているのは北海道、東北、東京、北陸、中部、九州の6社の電力会社です。


最低料金制とは、アンペア数に関係なく設定される料金で一定の電力使用量までは基本料金、
それを超えた量には従量料金が加算されるという仕組みです。
関西、中国、四国、沖縄の4社の電力会社で採用されています。


東京電力などが採用しているの契約アンペアとは、一度に使用できる最大の電力量のことです。
契約アンペアごとに料金が設定されています。ブレーカーの色も契約アンペアごとに異なります。


一度に使用する電力量の最大を計算して、今の契約量だとかなり余裕がある場合は、
契約アンペア数を下げて基本料金を節約することができます。


電力使用量料金は、文字通り電力使用量に応じて課金される料金で、
使用量が増えるごとに単価も高くなります。1kwh単位で計算されます。
1kwhとは1kw(電力)h(時間)のことで電力使用量1時間分をさします。
40kwhなら40時間分の電力量ということになります。


関西電力でも商店や事務所、飲食店、一般家庭でも電気の使用量が多い場合には
契約アンペア制である従量電灯Bを選ぶことも出来ます。
従量電灯Bを選択する場合は契約アンペア数が60A以上からとなります。


契約アンペア制は基本料金はかかりますが、電力使用量に応じた従量部分の単価は従量電灯A契約と比べて安く設定されています。
大量に電気を使う場合は従量電灯Bにしたほうが電気代が安くすむ場合があります。
関西電力の試算ではひと月の平均ご使用量が800kWhを超える場合には、電気料金が安くなることがあるようで
【新電力比較 電気代の最新記事】
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする