「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約へスマートメーターと電力会社のwebサービスを活用


スマートメーターそれ自体で節電することはできません。
スマートメーターを設置することにより「電力の見える化」が実現。
契約内容の見直しが容易になり、節電意識も向上します。
そのことが結果的に節電につながるのというわけです。



毎月、電力会社から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」。
ほとんどの人は電気料金だけを確認し、電気の状況を把握していないのでは。



しかし、スマートメーターを導入すれば、電力会社のWEBサービス(会員登録が必要)を活用して、
自宅の電力利用状況を閲覧できるようになります。
「30分ごと」や「日ごと」など細かく電力利用状況を把握できるようになます。
それにより「基本料金は妥当か」「節電できる余地が無いか」を理解することができるのです。



スマートメーターと電力会社のwebサービスの2つを上手く利用することで、電気代の節約が実現できます。
webサービスには電気代の効果的な節約術も掲載されており、こうしたサービズもうまく活用しましょう。


現在、各地域の電力会社はスマートメーターの設置を順次進めています。
全過程への設置完了を予定は東京電力が平成32年、関西電力が平成34年。
他の地域の電力会社も平成35〜36年を目途に、全世帯への設置を完了する予定です。


現在の電力会社から新電力も含め他の電力会社へ乗り換えを検討している方は、
ネットでシミュレーションと比較をしてみましょう。簡単にできます。


どのプランにするとお得になるのか、価格.comでシミュレーションしてみましょう。


まず住んでいる都道府県を選択します。
次に郵便番号や世帯人数、月間使用量を入力。
デフォルトでは電気代ではなくワット数での計算ですが、電気代での計算もできます。

そして、検索をクリックすると、どの電力会社へ乗り換えれば、
一番安くなるか、結果が表示されます。


その結果を参考に、何にポイントを置いて比較するか、を考えるのも重要です。
金額を節約したいのか、セット割やポイント還元を重視するか…。
表示された結果から最適なプランを選ぶことになります。


何を重視するかは、人それぞれ。
どのプランを選ぶか、じっくり考えて決めましょう。
【新電力比較 契約プランの最新記事】
posted by スマートメーター at | 新電力比較 契約プラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする