「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



猛暑の夏こそ電力会社を乗り換えて電気代節約


開始前の盛り上がりに比べ、いざ始まってみると落ち着いている感じのする
電力自由化ですが、本格的な夏を迎えて、電力需要の高まるこれからが新電力の出番。


電気代の節約を意識する猛暑の夏こそ、新電力の存在感が強まることが予想される。
電力会社を乗り換える際に第一に注意したいポイントは、まず自宅の電気代の把握です。


毎月送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」を見る。
ほとんどの家庭は従量電灯B。契約アンペア数は、世帯人数が多く使用量の多い家庭は50A、
比較的少ない家庭は40Aになっている。シミュレーションは1ヵ月分あれば事足ります。


東京電力管内なら「でんき家計簿」、関西電力管内なら「はぴeみる電」を使えば、
年間の使用量がわかる。ともに登録は無料。申し込み後に通知される認証コードが必要で、
1週間ほどの時間がかかります。


そして、エネチェンジや価格.comなどの無料の比較サイトを使い、自宅の地域、
現在契約中のプラン、月間の電気使用量や料金データーを入力する。


セット割の内容をみることも忘れてはならない。
価格.comでは電気料金の比較だけでお得度を判定しています。
こうしたネットの比較サイトから申し込めばキャッシュバックなどの特典がつくこともあります。


電力会社の乗り換えを考えている人の目的はほとんどが電気代の節約だろう。


そのためのチェックポイントは、第一にライフスタイルの変化も考慮にいれること。
逆に値上がりすることもあるので、その点も注意を払う。さらに解約違約金の有無、
プラン変更する際の手数料の有無、紙の請求書が有料になるプランがあるので要注意。


月の電気代が5000円ぐらいの平均的な世帯では電力会社へ乗り換えても、
さほどメリットはないといわれています。


逆に月に2〜3万円以上の電気代を払っている家庭では、かなりの電気代に節約が期待できる。
30分単位で使用量を計測できるスマートメーターを使えば、まんべんなく電気を使う家庭や
夜間に多く使う家庭には大幅に安くなる新料金プランも提示されてきています。


電気使用量のそれほど多くない平均的な家庭では、携帯電話やケーブルテレビなどとの
「セット割」がおススメ。ただ、この「セット割」には携帯などと同じく「2年縛り」で
途中解約すると解約金が発生することもあります。


新電力へ乗り換える際は、スマートメーターへの切り替えが必要だが、基本無料。
新電力や既存電力会社の新プランに契約すると順次切り替え工事が行われます。
【電力自由化 メリットの最新記事】
posted by スマートメーター at | 電力自由化 メリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする