「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約へスマートメーターとwebサービスを活用


電力自由化によって、電力会社の変更を検討中の人も多いと思います。

新電力に乗り換えることで、電気代を節約する効果が期待できます。



しかし、電力会社を変えただけで電気代の節約にはつながりません。

大事なポイントは「契約プランの見直し」と「無駄遣いの削減」です。



そこで役に立つのがスマートメーターと電力会社が用意するwebサービスです。

スマートメーターとは

この2つを上手く利用することで、電気代の節約が実現できます。



電気代節約へ、まず把握すべきポイントは電気代の計算方法です。

一例として東京電力の場合、

電気代は「アンペア数に基づく基本料金」+「電力量料金」+「燃料調整費」+「再生可能エネルギー発電促進賦課金」+(口座振替割引)= 電気料金となります。



電気料金の大きな部分を占めるのが「基本料金」と「電力量料金」です。

基本料金は、契約アンペア数に基づき料金が決まります。電力量料金は電気使用量に応じて、料金が算出されます。

各家庭では、この2つの料金の節約に取り組むことが重要になります。


電気代を節約するために、是非活用したいのがスマートメーターと電力会社のwebサービスです。

スマートメーターが既に設置済みの家庭では「30分ごとの電気使用量」や「過去2年間分の電気使用量」が電力のweb会員サービスから確認できます。

スマートメーター設置済みの方は会員登録をしておきましょう。登録は無料です。



スマートメーターを設置すると、時間ごとや一日の電気の使用量を、スマホやPCでチェックできるようになります。

自分の家ではいつ電気をよく使用しているのか? 昼間? 夜間? 平日? 週末?

傾向をしっかりと把握しておきましょう。


電力会社のwebサービスでは1日分の電気使用量が時間ごとのグラフになっていて、知りたい時間帯にマウスを置くとその30分間の使用量が出てきます。

例えば、朝食の用意をしていた時間にどのくらい電気を使用したか、エアコンをつけたらどのくらい使用量が増えたかがわかるようになっています。


このように電力自由化によってスマートメーターの普及が電気代節約に役立ちますが、

東京電力と関西電力でスマートメーターの仕様が統一されていないなど、気になる点もあります。


こうした点を克服して電力自由化がその目的を十分に達成できるか。

消費者の側もしっかり注目していく必要があるといえます。
posted by スマートメーター at | 電気代 自由化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする