「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーターで電気の「見える化」導入が節電の第一歩


電力の自由化でスマートメーターを導入すれば、即電気代が安くなると思っている人が多い。

しかし、いざ電気代を比較してみると「思ったよりも安くならない」とがっかりしたケースもあるという。

電力自由化は、文字通り電力会社を自由に選べるのだが、大事なのは「自分に合った電気プランが選べる」と捉え直すことだろう。



東電や関電など既存の大手の電力会社のみならず、新電力各社も多数のプランを用意している。

そのなかから自分の家庭にあったプランを選び、無駄を省くことが節約につながります。

また、新プランは電気の単価が下がる場合があるので、さらに使用量を下げれば節約の効果がより増すことになります。



電気代節約の一番の早道は、どれだけ電気を使っているか見直すことです。

新電力プランに切り替えると無料でスマートメーターを取り付けてもらえます。

スマートメーターは、これまでの電気メーターの代わりとなるもので、電気の使用量を計測する機器です。



従来の電気メーターは検針スタッフが毎月各家庭を巡回し、前月と今月の数値を見比べ、

1か月の電気使用量を算出していました。



しかし、スマートメーターは、検針スタッフによるチェックが不要で、自動的に30分ごとに使用量を計測し、

電力会社のサーバーに情報を送信。集計などに2日ほどかかるが、利用者のPCやスマートフォン、

タブレットなどで1時間ごとの電気使用量を確認できます。


これまでは1か月単位の使用量しか把握できなかったが、スマートメーターを付けることで使用量の多い時間

帯、少ない時間帯を把握することができるようになります。



最も電気を使う時間帯の電気単価が安いプランに変更すれば、

これまで通りの使い方でも電気代を安くすることができるようになります。

電気単価の安い時間帯に合わせて家事をするのも一つの手でしょう。



スマートメーターは、2030年年度末までに日本の全世帯に導入する計画です。

東電では東京オリンピックが開催される2020年までに全世帯に導入する計画を出しています。

安い電力会社を探すのと同様に、まずは自宅の電気の使用量を把握し、

うまくプランを活用することが電気代節約につながります。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする