「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力会社を乗り換えて電気代を節約する方法


2016年4月からスタートした電力自由化。
一般家庭でも電力会社を選べるようになったが、
いまのところ「様子見」の家庭が多いようだ。


新興の電力会社がさまざまな特色を打ち出しており、
迷うのも無理はない。


しかし、自分のライフスタイルにあった電力会社をみつければ、
電気代の節約につながります。


新しい電力会社へ乗り換える際も、そう面倒はない。
今家にあるコンセントがそのまま使えるし、
ブレーカーなどもそのままでOK。


交換の必要があるのは、屋外にある電力量計をスマートメーターに替えるだけ。
その際の交換工事費などは一切かからない。
手数料なども無料で、電力会社を切り替えられるという。


さまざまな特色を打ち出してくる新興の電力各社。
選ぶ際のポイントはこの点で、インターネットや
携帯電話と電気のセットメニューや各種ポイントが使えたり、
それをマイレージに変換できたりと
「セット割」をうまく活用すれば、電気代の節約になります。


新しい電力会社に共通して言えるのは、
生活インフラと電力がセットになっている場合が多い。


だから、月々の支払いが高いものと電力をセットにするのがお得。
たとえば月々のインターネットや電話代などの通信費が高ければ、
通信会社と提携している電力会社を選ぶのが賢明といえる。


ポイントカードを持っていて、何か一つのポイントにまとめている人は、
そのポイントカードと提携している電力会社を探すもの、ひとつの手。
月々の支払いが大きい電気代だけにポイントもたまりやすくなるはず。


電気代と他のインフラとまとめるつもりはなく、
特にポイントカードにも興味がないって人は、
そのまま放置し、いましばらく「様子見」したほうがいいだろう。


電気が自由に選べる電力自由化といっても、
それほど電気の使わない一般家庭では、
劇的に電気代が安くはならない。


電力自由化による電気代の節約は何かとセットにすることで、
初めてメリットが生まれてくる。
【電力自由化 メリットの最新記事】
posted by スマートメーター at | 電力自由化 メリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする