「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーターのメリットとデメリット


スマートメーターを導入する事による最大のメリットは、
通信機能がつくことにより、いままで把握できなかった各家庭の電力消費量が、
数字でリアルタイムにみることができるようになることです。


電力の「見える化」はこれまで不鮮明だった各家庭の省エネに、
数字的目標を与えることになるでしょう。
省エネに対し各家庭が取り組むことができれば、その節約は大きな結果となり得ます。


電力の消費が特に激しい夏場には大いに成果が期待できるところだと思います。
省エネ効果をもたらすという意味でスマートメーターの導入はプラスに働きます。


スマートメーターは、時間帯ごとの使用量を記録できるので省エネに役立つはずです。

今の電気メーターでは、いつ電気をたくさん使っているのか分かりませんが、
スマートメーターなら、時間帯ごとの電気の使用量がわかるようになります。
使いすぎる時間が把握できれば、節約もしやすいと思います。


また、検針することがないので、読み間違いのリスクもなくなるはずです。
今は人力で検針しているので、やはり間違いもあるだろうし、
電力会社のコストを減らせば、電気代も下がるのではないでしょうか。


スマートメーターは、電気の使用状況をリアルタイムにチェックできるため、
節電意識の向上につながるでしょう。


従来の電力量計では、どれだけ電気を使っているかが分かりにくいため、
節電方法が分かりにくかったのですが、スマートメーターはその点を
明確にします。


使用電力量を随時見ることができる点は、
各家庭にとって節電につながり、夏の昼間の電力使用量などが分かると、
ピークカットにも役に立つでしょう。


一方、スマートメーター導入によるデメリットは、
セキュリティ上の問題です。


スマートメーターには通信技術が使われます。
そのため、ウイルスによる不正操作が行われる可能性があります。


いつどれくらい電気を使ったのかというのは個人情報が多く含まれているからです。
この個人情報が漏れると、電気を使っている時間帯で在宅か留守かなども筒抜けとなり
悪用されかねません。


将来的にスマートメーターが設置された際、
通信先の電力会社がしっかりとセキュリティを施しているかどうか、
確かめる必要があるでしょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする