「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代の効果的な節約方法


電気代の効果的な節約方法は何でしょう?


どちらの家庭でも電気代の節約のために、
電気をこまめに消したり、誰も見ないテレビの電源を切るなど、
それぞれに意識して実施しているでしょう。


しかし、もっと効果的な方法で効率的に電気代を節約したいものです。
効果のある節電方法として「契約アンペアを変える」
「電気代の多い家電製品を重点的に節電する」などを考えてみましょう。


一般家庭の電気料金契約は、基本料金と従量料金の二つから構成されている
従量電灯契約が多いのではないでしょうか。
その場合の基本料金というのは、アンペア数によって変わります。


アンペアというのは、電流の量を指します。
アンペア数は電力会社によって違いがありますが、
ほぼ10アンペア刻みで基本料金が定められています。


例えば東京電力の場合、

10Aの基本料金は月額280.80円、15Aは421.20円、20Aは561.60A、
30Aは842.40円、40Aは1123.20円、50Aは1404.00円、60Aは1684.80円となっています。


10A〜60Aまでほぼ10A刻みとなっていますが、15Aだけが5A刻みとなっています。
これをみても分かる通り、10アンペア変えるだけで、基本料金が大きく違ってきます。


アンペア数を変えることは、各家庭ではあまり意識されていないようですが、
子供が独立して家を出た、高齢の親がなくなった、など家族構成の変化によって、
使う電気の量も変わってくる場合があります。


その場合、注意しなければならないのは、家の中で一度に使う電気の最大消費量をきちんと把握し、
少し余裕をもったアンペア数に切り替えることです。


家庭で使う電気製品のうち、いつも使う製品としては照明、テレビ、冷蔵庫などがあります。
そのほかに、時々使う掃除機、洗濯機、調理のときだけに使う電子レンジ、食器洗浄機、
季節によって使うエアコン、電気カーペット、電気ストーブなどがあります。


それらの製品のW数の合計を確認し、いつも使う製品のW数に、
時々使う製品のW数を加えた最大のアンペア数を調べます。
電流(A)=電力(W)÷電圧(V)が計算方法です。


家庭の電気製品のW数の合計がたとえば4800Wであれば、
電圧は通常100V(ボルト)ですから、Aは48アンペアになります。
電気製品を同時に使うと、アンペアブレーカが落ちますので、
余裕を持ったアンペア契約、ここでは50Aで契約にすると良いでしょう。


東京電力によると、一般的な料金契約である従量電灯B契約の平均契約アンペア数は30A、
使用電力量は290kWhとされています。
家族数が多く、電気使用量の多いご家庭では、それ以上のA数に、
一人暮らしや夫婦二人だけの家庭ではそれ以下のA数が適当といえます。


そうした場合、契約中の電力会社に連絡して、アンペア数は簡単に変えてもらえますのでお勧めの方法です。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする