「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力小売り自由化 クーリングオフは?


2016年4月からスタートした電力小売り自由化にあたって経済産業省は消費者保護を目的として、
電力会社が「電話勧誘」もしくは「訪問」による販売をした場合、クーリングオフ制度の対象にしています。


クーリングオフとは、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。


電力自由化で消費者は購入先を自由に選べるようになりますが、
悪意を持った業者との契約締結で消費者にとって不利に働く契約を締結してしまう可能性があります。
そういったリスクや不安を解消するため、消費者保護の観点から「クーリングオフ制度」を導入して、
悪意のある業者を排除・不利な契約を解除できるようにすることが目的になります。


クーリングオフができる期間は、契約後に交付が義務づけられている、小売料金などが書かれた書面を受け取ってから8日間。
この間は、違約金などが発生することなく、無条件で契約を解除することができます。
また、解除までに電力の供給がおこなわれた場合は、その分の料金の支払いも免除されます。


ただし、クーリングオフの適用対象となるのは訪問販売、電話勧誘の場合のみです。
自らインターネットや電話などで申し込んだ場合にはクーリングオフは適用されないので注意してください。


消費者保護として「クーリングオフ制度」が適用されますが、電気は生活に欠かせないインフラです。
だからこそ、契約先のサービスなどに関して情報や知識を十分身に着けておくことが、
自分自身に不利益なな契約を結ばない大きな一歩となります。
posted by スマートメーター at | 新電力 チェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする