「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電力自由化 メリット


電力自由化によって一般家庭にどんなメリットをもたらすのでしょうか?
まず考えられるのが一般家庭にも電力購入の選択肢が広がることでしょう。


関西電力や東京電力などの各地域の電力会社が独占的に供給してきた
電力を地域電力会社以外からも購入できるようになるのですから、
今より安い電気を供給する会社があれば簡単に乗り換えることができます。


これまで日本の電力会社10社の市場規模は約7.5兆円といわれています。
その市場が開放されたのですから、新電力には大きなビジネスチャンスです。  


現実にエネルギー関連企業以外にも通信会社や携帯電話会社などが新電力に参入。
インターネットやスマホなどのサービスを組み合わせた「セット割引」を行うなど、
一つ一つを個別に契約するよりもずっと安く提供出来るといった具合に、
これまでなかったサービスが生まれてきています。


また、電力自由化には電気料金の設定が自由に行われるというメリットもあります。


2016年3月まで家庭用などの「低圧」部分の電気料金は、地域の電力会社が発電にかかるコストや人件費、
設備の維持費用などの必要経費などを総合的に判断してはじき出し、
国の認可を得て決定されていました。


つまり、これまでの電気料金は国の規制が強く働いていたのです。


それが電力小売りが完全に自由化された2016年4月以降、
家庭向けも含めて料金の設定は電気事業者が自由に行うことができるようになったのです。
経営体力や経営努力に応じて価格が決まるので、事業者ごとに料金やサービスに差が出てきます。


いかに消費者に魅力ある料金体系やサービスを作り出すことができるかの勝負になり、
一般家庭には電気料金の「選ぶ自由」が開放されたのです。


つまり、これまで地域の電力会社の料金プランでしか契約できなかったのが、
他地域の電力会社のプランや新規参入の通信系会社のプランやスマホなどの
携帯会社のセットプランを選べるようになったのです。


電力会社間の競争が活発化することにより、発電用の燃料コストが上昇している中でも
電気料金を抑制する効果が出ているといわれています。


愛媛県松山市の中学校29校では、新規参入した電力会社との契約によって、
従来の四国電力が示した金額と比べて年間約6.2%、金額にして約500万円削減したケースもあります。


このように電気事業に新たに参入する企業が増えることで競争が活発化、、
それがサービス内容や節電、省エネ意識の向上につながり、
ひいては電気料金の引き下げにつながる可能性があるのです。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする