「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーターの課題


電力自由化に伴って、全世帯の設置が義務付けられたスマートメーター。

通信機能がつくことにより、きめ細かな電気代の把握、

これまでの検針作業がなくなるなど、

メリットばかりが強調されていますが、デメリットもあります。


スマートメーターはその通信機能自体を問題視する意見もあり、

機器が発する電磁波による身体への影響や盗聴の可能性、

さらにはこまかなデータ収集がプライバシー侵害に当たるのでは・・・

という声も出ています。



スマートメーターの導入が進んでいるアメリカでは、

件数は少ないとはいえ、機器が発火するという事故もあり、

スマートメーターの設置を拒否する家庭もあるほどです。


日本でアメリカと同様の問題がおこるかどうかはわかりませんが、

海外の状況や事例はしっかりと把握しておく必要はあるでしょう。


メーターのスマート化は電気だけに限りません。

ガスや水道でも設置の可能性があります。


海外では電気とガス、電気と水道で同時にスマートメーターを導入しているケースもあります。

現在、日本ではガスや水道も電気同様に、コストと手間隙をかけて一戸ずつ目視検針を行っています。


スマートメーターを設置できれば、こうした検針の必要がなくなるだけでなく、

使用量をモニターに表示できるようになります。


すでにガス会社と水道局、スマートメーターメーカーが協力して実証実験が開始されており、

導入の機運は高まりつつあります。


電力小売りの全面自由化によって、今後さまざまな電気料金プランが登場してくるでしょう。

夏場と冬場の電力消費量を工夫することで電気料金を安く抑えられるプランが登場する可能性もあります。


電力会社から毎月送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」には

電気料金の使用量や内訳、契約内容が書かれています。


金額だけを確認してゴミ箱に捨てるのではなく、

月々の電気代の中身や月ごとの金額の推移などをしっかりと把握し、

賢く契約プランを選びましょう。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 利点と課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする