「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



スマートメーターに交換する方法


電力自由化に伴って認知度が高まりつつある通信機能が付いた電力量計「スマートメーター」。

これまで月ごとでしか把握できなかった電力消費量が、

スマートメーターを設置すれば30分毎に計測されるようになります。



電力自由化がスタートしたばかりの現状では、

スマートメーターが設置されていなくても新電力への切り替えが認められることになっていますが、

国のエネルギー政策の一環として、全世帯へのスマートメーターへの切り替えが決定しています。


現状でも新電力への変更を考えておられる方は、その新たにお考えの新電力会社へ連絡すれば、

スマートメーターを設置してくれます。



スマートメーターの交換作業は無料でやってもらえます(※特殊な場合を除く)。

工事費用はかかりません!


スマートメーターの交換にあたっては、立会もほとんど必要ありません。

工事をするにあたって停電することもありません。

まれに電気を止めて工事する必要がある場合もあるようですが、その場合も停電時間はせいぜい5分程度で済みます。


賃貸住宅にお住まいの方も同じで、心配に思うことはありません。

大家さんや管理会社の許可は必要なく、原状復帰の必要もありません。

そもそも電力メーターは電力会社の所有物なので、大家さんがとやかく言う筋合いはないのです。

また、定期的な交換が義務付けられているものですので、大家さん側も「メーターを交換します」と言われれば

素直に従うはずです。


電力自由化が定着すれば、ネットのブロバイダや携帯電話会社などと同じく電力会社の「乗り換え」を数年おきにする人が多くなると思います。

その場合でも乗り換えの度にメーターの交換は必要ありません。

一度スマートメーターに交換してしまえば、後は耐用年数まで交換する必要ないのです。


電気メーターは東電や関電といった、地域の電力会社の所有物です。

電力自由化が始まって新電力に乗り換えたとしても、あなたのご自宅のメーターは地域電力会社の持ち物です。

「新電力」は電気を発電・供給する役割のみを持っている会社で、電気を届ける「送配電」の機能は持っていません。

この送配電の部分は引き続き地域電力が担うことになっています。


そして、各家庭の「メーター」は送配電機能の一部と見なされています。

送配電機能は全ての電力会社が共用するものなので、電力会社を乗り換えてもメーターや電線を変える必要はない、ということになっています。
posted by スマートメーター at | スマートメーター 交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする