「一番お得な電気がみつかる」電力比較サイト エネチェンジ



電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

法人電力比較 エネチェンジBizの利用で電気料金がお得に!

スポンサードリンク



電気代節約 アンペア変更


電気代は契約アンペア数によって変わる仕組みです。

契約アンペア数を低くすれば電気料金は安くなります。


一人暮らしの方や家族人数が少ない家庭は

不必要に多い契約アンペアを変更し、電気代を節約しましょう。



契約アンペア数は10アンペアから60アンペアまでの7種類があります。

電力会社に連絡すれば、すぐに契約アンペア数を変更できます。


10アンペア下げれば毎月200円〜300円の節約が可能です。

一度、電気料金の明細か以下の方法で確認してみるといいでしょう。


分電盤のアンペアブレーカーの色と数字を見れば

現在の契約アンペアを簡単に調べることが出来ます。


東京電力の契約アンペア基本料金表は以下の通りです。


・10アンペア=赤色=基本料金260円
・15アンペア=ピンク=基本料金390円
・20アンペア=黄色=基本料金520円
・30アンペア=緑色=基本料金780円
・40アンペア=灰色=基本料金1040円
・50アンペア=茶色=基本料金1300円
・60アンペア=紫色=基本料金1560円


通常、何も変更していない場合は30アンペアか40アンペアになっています。

あまり電気を使わない場合や少人数家族などの場合は

電力会社に電話をして契約アンペアを下げれば電気代節約になります。


では、どの電化製品がどれぐらいアンペアを使っているのか?

テレビ=平均1.5アンペア
冷蔵庫=2アンペア
掃除機=弱2アンペア〜強10アンペア
炊飯器=14アンペア
アイロン=14アンペア
エアコン=12〜20アンペア
ドライヤー=12アンペア
電子レンジ=15アンペア
洗濯機/乾燥機洗濯=6アンペア/乾燥15アンペア
食器洗い乾燥機=13アンペア
IHクッキングヒーター=弱7アンペア強14アンペア


一見多く感じるアンペア数ですが、

少人数家族ならば同時に動かす事も少ないのではないでしょうか。

テレビ+冷蔵庫+電気+炊飯を全て付けて20アンペアほどです。


炊飯時にエアコンと電子レンジを使えば40アンペアを超えますが

そこまで同時に電気を使わないのならば20〜30で十分でしょう。

一人暮らしの方ならば20アンペアでも十分ですね。
posted by スマートメーター at | 新電力比較 電気代節約 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力トリプルセット割とは?


東京ガスや大阪ガスをはじめとしたガス会社が電力へ参入して

始めたのが「ガスと電気のセット割」。



ここへドコモやau、Softbankなどの携帯電話会社が参入しての

「ガスと電気と通信」のトリプルセット割です。


ガス会社が電力へ参入してセットで提供している現状に

ガスをプラスして三つのサービスをセットにして、

より魅力的にする、ということです。


トリプルセット割は携帯電話会社だけとは限りません。

例えば関西電力系ケイオプティコムが提供する「eoでんき」のインターネット回線セット、

ガソリンスタンドで有名なエネオス系列の「ENEOSでんき」からは「ガソリンの割引セット」などが

電気のセット割を展開していますね。

ガス自由化が開始される2017年4月以降、ここへガスを加えればトリプルセット割のできあがりです。


地域の電力会社やガス会社は、他社への利用者の流出を避けたいと考えています。

一方で、電気代やガス代の値下げには限界があるので、他社と同様のセット割での勝負は避けられない見込みです。

各社とも他社との差別化を図るべく、どことどう組むか、試行錯誤の最中でしょう。


消費者の私たちも、どことどう組み合わせてまとめるか、

正しい情報を仕入れて、自分の意思でお得な判断を下し、

少しでも家計をお得にしましょう。

スポンサードリンク
posted by スマートメーター at | 新電力トリプルセット割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス自由化 プロパンガス料金が安くなる可能性


2017年4月からの都市ガス自由化以降、

プロパンガスの料金も安くなる可能性があります。


「都市ガスがきていない地区だから、仕方なくプロパンガスを利用している」という人もたくさんいますよね。

プロパンガスはと都市ガスと比べると約1〜2倍も価格が高いようです。

プロパンガスの全国平均の基本料金は約2000円、都市ガスの基本料金は約900円。

それにプラスして従量単価もプロパンガスは約500円なのに対し、都市ガスは約300円。

この差は大きいですよね。



では、なぜプロパンガスは都市ガスに比べ料金が高いのか?

設置のための人件費コストがかかる、原油価格に比例するため、

高騰した場合、反映して価格が高くなる、といった理由によるものです。

都市ガスは地中にガス導線が引かれているため、輸送のための人件費コストがかかりません。



また、プロパンガス業界では顧客の取り合いはタブーとされたルールがありました。

「うちは基本料金も従量価格もこの値段!」など同業者同士で価格競争をしない内容の取り決めが

一般消費者の知らない部分でされていたと言います。


プロパンガス市場の価格に関しては特殊で、高い単価が維持できるには

同業者同士が価格競争をしないからです。

その状態を維持した結果、プロパンガスの相場は吊り上げるのが当たり前になり、

都市ガスよりも高価格になってしまった部分もあります。



ご存じの方も多いと思いますが、プロパンガスは早くから自由化されています。

それなのに、プロパンガス料金は電気料金のように単価が発表されていない場合が多く存在します。

そのため、価格交渉をした顧客には安く提供、文句なしの顧客には高い値段を提示する例もあります。


しかし、これからは違います。

今後、都市ガスが自由化され、安さを強調するためにガス料金の単価を表示するのが普通になる時代になるでしょう。

そうなれば不透明な価格設定に不満を持つプロパンガス利用者は値段を比較して

プロパンガス会社を決めるのが当たり前になる時代になるかもしれません。
posted by スマートメーター at | ガス自由化 プロパンガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市ガス 自由化 エネニュー 東京都のガス事情


東京都の都市ガス普及率は90.9%で、

全国で最も都市ガスの普及率が高い地域です。


全国平均が47.1%なのに対して倍近い普及率。

2017年4月から始まるガス自由化では、

多くの新都市ガス会社が参入してくることが予想されています。



東京都の都市ガス協会には5社が加盟しています。

最も多く供給しているのは東京ガス。

千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区

墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区

渋谷区・中野 区・杉並区・豊島区・北区・荒川区

板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市

立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市

町田市・ 小金井市・小平市・日野市・東村山市

国分寺市・国立市・西東京市・狛江市・東大和市

清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・武蔵村山市

計45の区と市に供給しています。


他の地域は日野市に供給しているのが大東ガス、

昭島市・立川市・福生市が昭島ガス、

青梅市が青梅ガス、

福生市・あきる野市・武蔵村山市・羽村市・西多摩郡瑞穂町・日の出町が武陽ガスです。


次に価格面を見ると、

東京都は都市ガスの全国平均価格の中で高い部類に属します。

一般家庭向けにガスが自由化される2017年4月から、

地域電力会社の東京電力や関西電力、中部電力、四国電力

九州電力が一般家庭向けに都市ガス自由化に参入の準備をしています。

ガス代見直しなら

posted by スマートメーター at | 都市ガス 自由化 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新電力 比較 エネニューで家庭向け電力料金を節約


新電力 比較エネニューでは、数ある電気料金のプランをわかりやすく解説、比較できます。

毎月の電気料金を安くしたい、携帯料金やガス料金とあわせて節約したいなど、

各家庭の要望に合わせて、適切な電気料金プランを見つけることができます。


とはいえ、電力自由化が期待ほど盛り上がっていたいことも確か。

新電力へ乗り換えた人は少なく、電力自由化が思うほど進んでいないのが実情。


その要因としては制度を複雑で上手く理解出来ていないこと、

また、制度面の不安もその要因と言えます。

また、人によってはデメリットが発生するため加入をしないという問題点もあります。


現実問題、電力会社を切り替える際、

具体的な方法や、どこに入ればお得なのかということが

比較しずらいため、新たな契約に踏み切れないのです。


最新電力・ガス業界の動向とカラクリ


実際に乗り換えた人の場合は対面による契約説明を受けているケースが圧倒的に多い。

ネットより、分かりやすく噛み砕いて説明をしてくれる対面の方が

契約内容を把握しやすいからなのでしょう。


また、導入時に電気料金の請求が出来ないというトラブルも発生し、

制度に対する不信感があるということも否定できません。



導入直後より電気料金の支払い請求が出来ず、

その原因が大元の電気会社が電力切り替えによるシステム構築が

上手くいかず、使用した電気量を契約している子会社に

データとして渡すことが出来ないという不都合も生じています。



こうしたトラブルの発生が相次ぎ、電力自由化の波に乗ったけれども失敗をしてしまった

という声がネット上で多く見られるようになり、乗り換えを控えられてしまったといことです。

このようなトラブルが続けば、いずれこの制度は破たんするのではないか、

新電力に対する漠然とした不信感が芽生え、

契約をためらわせる要因になってしまっています。


今後、電力自由化を世間一般に根付けせるためには、

一般家庭に対しもっと多くのメリットを提示し、

契約に際しても安心・安全を明確に保証すべきでしょう。

じぶん電力
posted by スマートメーター at | 新電力 比較 エネニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする